アンガーマネジメントとは?無料診断で自身の怒りタイプをチェックしよう

日々の生活でイライラが止まらないことってありませんか?

その怒りをコントロールする方法があるのです。それがアンガーマネジメントと呼ばれるものです。

そもそもアンガーマネジメントとは怒りを管理することを言います。

  • アンガー(イライラ・怒りの感情)
  • マネジメント(上手に付き合う)

この二つを合わせて怒りのエネルギーをもっと上手に使いましょう!という意味なので。

怒りは自分のメンタルヘルスと密接的に関わっています。

怒りをコントロールすることで、人間関係もスムーズに築くことができるようになります。

「思い通りにならなくて腹が立つ」

「カッなって物や人に八つ当たり」

「怒り過ぎて、人を傷つけてしまう」

こんなことはありませんか?

怒りをコントロールできるようになって過ごしやすくしましょう。

まずは自分の怒りを理解しよう

最初に「怒り」は、元々動物が自分の身に危機に瀕したときに感じる「生死に直結する感情」なのです。

怒りというのは「危険に晒された」という意識と認識が呼び起こす感情です。

「危険に晒された」というのは、身体的なことや物理的なことに限らず、自尊心・名誉などのメンタル面でも感じられます。

だから怒るということはかなりのエネルギーとストレスになるのです。

スポンサードリンク

怒りのピークは6秒?

色々な説はあるのですが、怒りの感情のピークは最大でも6秒と言われているのです。

「イラッ」となってから6秒以内に発する言葉は感情的になってしまいます。

それによって非建設的な対応をしてしまうことが多いのです。

アンガーマネジメントでは「反射的に怒ってはいけない」というメッセージを強く発信しています。

  • 反射的に怒らない
  • 売り言葉に買い言葉を発しない→「ああいう風に言わなければよかった」という自己嫌悪の防止にもなり、そのために「最悪の6秒間」を上手くやり過ごす方法をマスターすることが必要です。

ではどのように怒りのピークの6秒間をやり過ごすか紹介していきましょう

スポンサードリンク

怒りのピーク6秒間のやり過ごし方①

アンガーマネジメントの中では「ディレイ(反応を遅らせる)テクニック」と呼ばれる方法がいくつかあり、紹介しています。

例えば、「呼吸リラクセーション」。

相手から腹の立つことを言われたとします。

直ぐに怒りの言葉で反応するのではなく、1度大きくゆっくり深呼吸をしてみましょう。

人間は怒りを感じると呼吸が浅く早くなり、冷静を保っているのが困難になります。

冷静さを取り戻すように、鼻から大きく息を吸って、一旦止めます。

そしてゆっくりと口から吐き出します。

腹式呼吸ですね。

目を閉じて深呼吸したほうがより落ち着ける人もいますが、目の前に相手がいるとできないので、頭の中で一瞬無にして2~3回深呼吸してみましょう。

呼吸を整え、冷静になれば適切な対処ができるでしょう。

スポンサードリンク

怒りのピーク6秒間のやり過ごし方②

1とは違い、自己暗示をかけるのです。

後ろ向きになった気持ちを前向きにするためのアンガーマネジメントのテクニックも応用してみましょう。

ポジティブ・セルフトーク」という言葉を知っていますか?

「ポジティブ・セルフトーク」は気持ちを持ち上げるための、もとから自分で決めておく

・元気になるメッセージ

・プラス思考になれるフレーズ

を力強く唱えるのです。

たとえば、全く納得のいかない不当な理由の評価を受けて気持ちが折れそうになったときなどに、元気メッセージを唱えることで自分を応援することができます。

ポイントは「未来完了形」のメッセージやフレーズで決めておいて唱えることです。

「負けたくない」というフレーズは一見力強いような感じがしますが、実は「負けてしまったらどうしようか」という不安も含んでいるのです。

そして脳が不安を察知すると、身体はこわばり、ベストパフォーマンスができなくなってしまいます。

「未来完了形」のフレーズは「負けないぞ」です。

このような力強い言葉で自分を応援すると、怒りのもとになっている不愉快を解消して前向きなパワーへ変えてくれるのです。

怒りをため込んだときにはどうするの?

怒っていることを紙に書いてみましょう。

自分の怒りの内容や原因を書くことで怒りを吐き出すことができちゃうのです。

気分も軽くなるうえに、客観的に自分が何に怒っているのかが良くわかります。

私はよく紙に怒っていることを殴り書きします。

その状態で読むと・・「ああそうだったのか」と思います。

ただ冷静になったときは誤字脱字と字の乱れに驚きますが、スッキリします。

実際に無料診断でアンガーマネジメントを診断してみよう

ここで、少し息抜きに自分の「怒りのタイプ」を診断してみましょう!

怒りタイプを知ることで、自分自身をコントロールしたり、周りの人とも上手に向き合うことができるようになります。

診断は、日本アンガーマネジメント協会の特設サイトで簡単に行うことができます。

今はアングリーバードとコラボ中らしいですね。

公式内容によると、コラボ内容は以下の通りです。

10月1日公開の映画「アングリーバード」と日本アンガーマネジメント協会がコラボレーションしました!映画「アングリーバード」の主人公のレッドは、アンガーマネジメントの学校に通うことになりました。

レッドのアンガーマネジメント受講を記念して、アングリーバード×アンガーマネジメントコラボレーションバージョンの無料診断を期間限定で体験いただけます。

ニックネームのところに「名前」を入力し、「診断スタート」をクリックすることによって診断が始まります。

全12問の簡単な問題となりますので、皆さんもぜひ試してみてください!

ちなみに私は…用心堅個な人(ボムタイプ)でした。

確かに言われてみると当たっているなと凄く感じました。

最後に..アンガーマネジメントを行うメリットとは

いつも怒っている人は近寄りがたい印象を受けませんか?

怒りの感情は自分だけでなく周囲の人も傷つけてしまうのです。

アンガーマネジメント=「怒りを我慢しろ」ではありません。

怒りの感情によってどのような言動をするのかということが一番の問題です。

「怒り」の上手な表現方法・対処方法を覚えて心に安心感を与えましょう。

怒るのは本当に疲れます。できることなら心も人間関係も穏やかに過ごしたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします