夏バテ対策には【甘酒が効果的!】飲む点滴の驚異的な効能とは

梅雨が明けて蝉の声も聞くようになり、暑さも増すといよいよ夏なんだなと感じますね。

夏を楽しむためにも、やはり夏バテ知らずの身体で過ごすことは大切だと思います。
みなさんは何か夏バテ対策をされているでしょうか?

 

対策として「食べ物」や「運動」などいろいろ想像できると思いますが、今回は食べ物が体を作る視点から、夏バテ予防に効く甘酒についてお伝えしようと思います。

 

そもそも夏バテってどんな感じになるの?

natubate_4

よく耳にすると思いますが、実際に夏バテとはどんな状態のものを言うのでしょうか。

暑さが増すと太陽に当たって外にいるだけでも体力を消耗していった経験はありませんか?

体のだるさと、朝起きた時の体が重く疲れが取れていない感覚や夜の暑さに寝苦しくなり十分な睡眠が取れないことも、その原因にありますね。

また、暑いため食べるものもひんやりとして喉越しの良いものを好むようになり、噛んで食べることが減ったりしていきます。

その結果、食欲が低下し力が出ないような感覚に陥る方もいらっしゃると思います。このように体がだるかったり、疲れが取れにくかったり、食欲が減ったりすることが夏バテだと言われています。

では、夏バテは暑さから必ず起こるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

室内でもクーラーに当たり、体が冷えることでも症状を感じることはあります。

つまり、温度差の変化への体の対応が仕切れなくなった時に、症状を感じることになります。

いつも室内で涼しいところにいるから大丈夫とは言い切れないのです。

 

スポンサードリンク

夏バテに対応できる体になるには?

natubate_3

夏バテにならい身体になっていたら、夏にも仕事に遊びに、思いっきり楽しむことができますよね。そして美味しいものもおいしく食べることができます。そのために必要なことってなんだと思いますか?それは免疫力を上げることです。

免疫力が上がれば身体の様々な機能が正常に働いてくれている状態になるので、身体の不調と言われるものに対応していくことができます。それにはまず腸を元気にしてあげることがとても重要になってきます。

朝起きてからの自身の体温が何度くらいかご存知でしょうか。

あまり、朝一番の体温を知っている方はいらっしゃらないと思いますが、この体温が免疫力と大きく関わってきます。

体温が一度上がるだけで風邪をひきにくくなった、風邪を引いたとしても治るのが早くなったなど、免疫力が上がって身体にうれしい変化を感じられるようになります。

免疫力を上げ、腸の働きを良くして、腸の発酵を促すことが重要となってきます。

腸は第二の脳と言われるくらい重要な臓器になっています。

腸の発酵を促すことで体温が上がり、免疫力アップにつながります。

そして腸が良い働きをするようになると、栄養をしっかりと身体全体に吸収できるようになり、必要な栄養分を調節することが可能になります。

 

スポンサードリンク

免疫力アップのための腸に良い食べ物

natubate_2

それでは免疫力をあげるために腸に良い食べ物は何でしょう?
「腸内環境を整える」と聞くとヨーグルトやチーズなどの乳製品を真っ先に思い浮かぶ方が多いでしょう。

しかし、日本人にとっては大昔からあった「ぬか漬け」や「日本酒」、「味噌」などが身体に合っています。

その中でも甘酒は飲む点滴と言われるくらいとても腸には良い食べ物です。

甘酒はお米の麹から作られ、腸の発酵を促してくれることと同時に、栄養もとることができます。

最近ではアルコールが入っていない甘酒なども販売されているため、より多くの方にとって頂けるものになっております。

夏場でしたら冷やして飲むこともできますし、朝、仕事や学校に行く前に飲んでいくこともできます。

通販やドラッグストアでも簡単に手に入れることができます。

毎日甘酒をコップ一杯の飲む習慣を身につけていくと免疫力アップにつながり、より元気に毎日を過ごせるようになります。

 

スポンサードリンク

まとめ

梅雨の蒸し暑さから暑い夏へ。日本に住んでいるとかんじられる四季ですが、その気温の変化に体がついていけなくなることも多いですよね。

年齢を重ねるとよりそれを感じていくかもしれませんが、日本にずっとあった甘酒を毎日飲む習慣をつけて、腸の働きを良くしていくことが一つの夏バテ対策になると思います。

ぜひ取り入れて見られると良いと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします