リラックスできる手足のツボとは?

本格的な冬の寒さとなってきました。

各地では既に初雪も見られているようです。そして今年も気がつくともう1月も終盤です。なんだかんだで早いですね。

そして今は受験真っ只中でもあります。学生さんはもちろんのこと、親御さんもちょっとピリピリモードに入っているのではないでしょうか。

追い込みの時期でもあるので無理はありませんが、それでもある程度のリラックスや休憩は必要なことです。

時間がない中でスキマ時間にササッと出来るリラックス方法をご紹介致します。

スキマ時間を使ってツボを押してみましょう

その「ササッと出来るリラックス方法」というのは、ズバリ「ツボ押し」です。

ポイントを覚えておくだけで、移動中や休憩中にササッと押してリラックスすることが出来ます。

また、これ言った道具も必要ないし場所も選びません。場所とコツを覚えてしまえば良いだけです。

覚えておくと言ってもそんなに難しいことでもなく、1度やると頭に入ると思います。

スポンサードリンク

代表的な手のツボとは?

手にも様々なツボが存在します。

今回は代表的なツボをご紹介します。

優しくハンドマッサージをされるだけでも心が癒されるので、ぜひ、ハンドクリームなどがお手元にあるのであれば、薄く塗ってマッサージしながら押してみてください。

まず、手のひらを広げると真ん中に窪みが出来ます。その中心にあるツボが手心といいます。

中指の第一関節の中心にあるのが心穴、そしてこぶしを握った時に中指と薬指の指先があたる部分にあるのが労宮です。

この3点はストレス緩和が期待されるツボです。また、手心は腸の働きに関連するツボで刺激をすることで消化吸収を促し、活動的になれることから前向きな気持ちになるという効果もあるのです。

労宮はストレス緩和の他にも回復という点でも効果が期待出来るツボで自律神経の改善や疲労回復にもいいようです。

スポンサードリンク

リラックスできる足のツボとは?

足つぼはマッサージ店や足つぼ専門のお店などで施術も行われているので、受けた方は多くいらっしゃるかもしれません。

足つぼをされると、とてもリラックスすることができ、寝てしまうこともあります。

テレビではよく、罰ゲームとして激痛足つぼなどが見られるので、痛いとか怖いとかといったイメージがある方も少なくないかもしれませんが、実際のところは痛気持ちいい程度で、調整も出来るし痛くないと効果がないという訳ではないのでご安心ください。

こちらもたくさんのツボがあります。

また、東洋式と西洋式の種類も分かれています。

足は「第二の心臓」とも呼ばれる場所でもあります。

東洋式の足つぼは体の部位や内蔵を刺激してくれる反射区が主で、効果としては体を元気にしてくれるものです。

なのでどこのツボを押せば、リラックスすることが出来るということではないのです。

強いていうのであれば、主に頭のツボを抱えているのは親指です。そして人差し指中指目のツボ薬指小指耳のツボとさているので、日頃からパソコンや細かい作業をして目が疲れ気味ということから頭痛を伴う方はマッサージすると効果があるかもしれません。

また日頃から頭は常に無意識のうちにも使っているので親指をマッサージすることでリラックス効果も考えられます。

西洋式はまた少し違ってきます。西洋式のツボでリラックス効果を望むのであれば、自分の症状にあった部位を刺激することで改善されます。

そして、足つぼを刺激することで、血流も良くなりポカポカしてくるのでそういう意味でもリラックス効果は期待されます。

スポンサードリンク

まとめ

手のツボでは代表的なリラックス効果のツボ3点を挙げましたが、もちろんその他にもたくさんのツボがあります。

細かな自分の症状や体調に合わせてツボを押してみるといいでしょう。

また、足つぼは少し難しい説明になってしまいましたが、こちらも自分の身体に合わせて押すことでリフレッシュすることが出来ます。

ただ、たくさんの臓器に関するツボもあるので人によっては刺激することは控えなければならないツボもあります。

特に妊娠中の方は注意が必要です

そして、どこでも簡単に行うことが出来るとは言え、ある程度のTPOは守ることが大事です。

手のツボは気兼ねなく押すことが出来ますが、足つぼを自分で押す際には多少の配慮も必要です。

せっかく自分がリフレッシュしている間に、周囲の人々にストレスを与えることのないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします