危険な恋?実際に私の周りであった体験談を話します

今回は息抜きに実際に身の回りであった「危険な恋」の体験談を書いてみました。

既婚者でも、俳優や韓流スターに恋する人妻は多いはず。いつまでも、素敵な男性を見つけたら、追いかけたいのがメスの本能です。

でも、芸能人を追いかけるのは、正解とも言えます。

「危険な恋」をしている女性の共通点は、「会えない相手」に熱が上がりません。

手が届いてしまう相手だからこそ、冷静さを失い、危険なのです。

そんな「危険な恋」。今回は本当にあった3人の女性のエピソードをご紹介します。

不倫愛を突き進み、入籍。願いは叶った…はずだった

彼女は、中学生の時から交際していた彼と結婚して、子供は一人。

「危険な恋」とはほど遠い一途な人でした。

そんな彼女が以前から、ご主人の事で悩み、「家事、育児、何一つ手伝わない。日曜日なのにテレビばかり見ている」と苦悩を周囲に漏らしていました。

彼女は、子供が保育園入園を期に再就職を果たし、小型スーパーに務めるように。

相変わらずご主人は、家庭に対して関心が無いようで、日曜日も家でゴロゴロして過ごし、一方彼女は、子供を連れて公園やハンバーガーショップに行き、時間を潰していました。

それから、久しぶりに会うと、表情が明るく、にこにこと穏やかになっている彼女。

話を聞いていくと、勤め先の店長(独身)が毎週日曜日に育児を手伝ってくれていると嬉しそうに報告を受けました。

一緒に公園に行ったり、テーマパークに連れて行ってくれたりと、まるで優しい父親のようで、友人である私は「まさか」と内心冷ややかでしたが、予感は的中。

「一緒になろうと思う」と彼女が言い出すのに時間はかかりませんでした。

彼女は、彼の子供を妊娠し、ご主人と離婚。子供を連れて、再婚を果たし、新生活と出産で、全ては彼女の望み通りの結果になりました。

毎週育児を手伝っていた彼です。幸せになれると彼女は歓喜に満ちていました。

その1か月後、状況が一変。

新しい父親となった彼が「出かける」と行ったまま家に戻らず、逃亡という最悪な事態を迎えたのです。

携帯の電源も切れていて、連絡も取れず、生まれたばかりの子供と3人。

彼女は不安になり3週間が過ぎた頃、ようやく周囲に相談をするようになりました。

その後、警察の捜索で、彼は見つかりましたが、戻る意思はなくなく、その後、離婚しました。

彼女は今、シングルマザーとして生活しています。彼女いわく「ここまで来たら一人の方が楽」だそうです。

スポンサードリンク

妊活ストレスで経営者と不倫。そして待望の妊娠…

彼女は元々出会い系サイトを利用して恋愛をしていました。

ある意味それも「危険な恋」ですが、二十歳の時に出会い系サイトで知り合った人と結婚。専業主婦として生活を楽しむ傍ら、子供に恵まれず、あらゆる妊活に励んでいました。

お金と時間がかかる妊活がストレスだったようで、彼女はまた出会い系サイトを開いていました。その後、知り合ったのが、飲食店の独身経営者です。

その時、彼女の舞い上がり方は尋常ではなく、友人の私にテレビ電話を使い「今日デートだけど、この髪型で大丈夫かな?」と自慢を交じれた相談を良くしてきました。

それもそのはず、デートの度にプレゼントを貰い、デパートに行けば「好きな物を買いなよ」と、まるで映画「プリティーウーマン」状態でした。そんな気前がいい彼を手に入れないワケはなく、彼女は本気で再婚を考えていました。

そんな矢先、彼女の妊娠が発覚。

待ちに待った妊娠でした。どちらの子供か、彼女自身判断出来ませんでしたが、彼女の選んだ道は、彼との別れでした。

映画「プリティーウーマン」は現実的ではないと判断をしたのか、否か分かりませんが、突然正気に戻り、お金も時間も費やし、結婚目前だった彼は「終わりたくない」と渋りました。彼女は一言「始まってもいない」と、彼を突っぱねて終了。

のち聞くと「妊娠するまでの火遊びだった」と目が覚めたように語っていました。

浮気をしていたことは、ご主人に隠し通し、今まで通りの生活に戻るかと思いきや、それで終わることはなく。出産後、彼女は再び出会い系サイトを開き…。もうお分かりですよね?

「価値観の不一致」という綺麗な表現で、ご主人とも離婚しました。

現在は、シングルマザーで、子供を連れて実家に戻りました。

スポンサードリンク

交際歴17年。子供が成人したら一緒になると誓った大人の恋

彼女は3人の子供にも恵まれ、ご主人は一途で経営者。彼女自身バリバリのキャリアウーマンで、子育てをしながら店長の責務に就いていました。

しかし彼女には不倫をしている彼氏がいました。相手も既婚者でした。

二人の関係は、携帯がない時代から、半世紀に渡り続いていました。ご主人と入籍と同じタイミングで彼との交際がスタートしていました。子供が成長して、上の女の子が高校生になりました。

女の勘は凄まじく、「浮気するのは勝手だけど、親父にバレないようにやりなよ」と娘から注意を受けたと彼女から聞きました。17年に続く「危険な恋」。

お互いに、いい歳だと分かっていても、大人だからこそ、本気しかありません。

「危険な恋」は永遠に続くのか?答えは、NOです。

ご主人が何かを察知したのか、初めて彼女の携帯の中身を見てしましました。

そこには、彼氏とのメールのやり取りがあり、これをきっかけにご主人と離婚しました。

ご主人は彼氏に慰謝料を請求。彼の奥さんは、彼女へ慰謝料を請求。

W不倫からW慰謝料請求と変わりました。

彼女は子供の親権もご主人に取られ、一人、アパートで暮らし始めました。

彼の方はというと、離婚が成立せず、奥さんの命令で、「償いの余生」を送っています。

そして二人の関係は静かに幕を閉じました。

彼女を裏切らなかったもの、それは仕事だけでした。

スポンサードリンク

おわりに

彼女たちを見ていて、「危険な恋」は「儚い夢」だと感じます。

夢はいつか覚める時が来ます。でもその後の人生は夢ではなく、現実です。

現実は覚めてはくれないので、無限に続くということ。

もしも「危険な恋」という夢の世界に入るなら、その前に、目覚めのコーヒー(お金)を用意しておくことをオススメします。

皆さんは今夜、夢見ますか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします