ローズヒップの日焼け止め効果がスゴイ!!【紫外線対策はこれで万全】

夏の終わりが近づいてきました。

プールや海で思いっきり楽しんだ人も、

強い朝日に当たりながら通勤した人も、

きちんと毎日日焼け止め、塗りましたか?

 

夏の始まりには

今年の夏はコレで焼かないぞ!」と

気合を入れて買った日焼け止めが

まだたくさん余っている人もいるのではないでしょうか。

 

夏の疲れとともに少し焼けてしまったお肌で秋を迎える前に、

ローズヒップティーを飲んで、

夏のお肌を体の中からキレイにしてみませんか。

 

「日焼けにはビタミンC」はなんとなく知ってるけれど…

rosehips_4

まずは簡単に「日焼け」についておさらいを。

紫外線に当たると、紫外線から体を守るために

皮膚の中でメラニンという黒い色素が作られます。

これによって、肌が黒くなります

そしてこの黒くなった肌は、皮膚の新陳代謝によって

一定の周期で肌の表面に押し上げられ、剥がれていくのですが、

ストレスや加齢などのさまざまな理由でお肌に残ってしまうと

シミ」という恐ろしいものになってしまうのです。

 

そのメラニンができ始めるのは3日目あたりからと言われており、

今日は日焼けしてしまったなぁと思ったら、

3日以内にきちんとケアしてあげることが大切です。

 

日焼け直後には、肌を冷やしたり保湿したり、

直接のケアが必要ですが、体の中からのケアも大事。

ここで一番活躍してくれるのが「ビタミンC」です。

メラニン色素の生成を抑制したり、メラニン色素を還元(美白)してくれるなど、

まさに日焼け対策にはぴったりな栄養素です。

 

ビタミンCと聞いて、真っ先に何を思い浮かべますか?

黄色いレモンこそビタミンCの王様!

そう思う人が多いのではないでしょうか。

 

午前中のプール、はしゃぎすぎたなぁ。

よし、ランチの後にはレモンのドリンクをしっかり摂って

午後からも遊ぶぞ!!

 

・・・残念ながら、これはNG。

 

柑橘系のレモンやオレンジにはもちろんビタミンCはたっぷり含まれていますが

恐ろしい「ソラレン」という光毒性の成分も含まれており、

紫外線を吸収してしまう性質を持っているのです。

 

では、ソラレンを含んでいない日焼け対策となる飲み物は…

ここで一番オススメしたいのが、「ローズヒップティー」!

これなら、日焼け前でも後でも、

いつ飲んでも日焼けとばっちり戦ってくれるのです。

 

スポンサードリンク

「ローズヒップティー」で日焼け対策

rosehips_3

「ローズヒップティー」というと、「あのすっぱい赤色のお茶ね…」

と思う方も多いでしょう。

いわゆるローズヒップティーとして出回っているものは

ハイビスカスとのブレンドティーであることが多く、

あの鮮やかなピンク色と酸味は、ハイビスカスのものであり

本来のローズヒップは、そこまで酸味のあるものではありません。

 

ハイビスカスにもビタミンC、クエン酸が豊富に含まれているため、

ローズヒップとハイビスカスを合わせたもので

キレイなピンク色のハーブティーとして楽しみながら

ビタミンCを補給できるといいですね。

 

酸っぱさが苦手だと思う場合は、ハチミツなどで甘くすると

とっても飲みやすくなります。

 

でも、もっとしっかり効果を実感したい!と思う方は

飲むのではなく「食べる」方法で、ローズヒップを摂ってみてください。

 

バラの花の季節が終わった後にできるバラの実、ローズヒップは

ビタミンCの爆弾」と言われ、その量はレモン約20個分

でもその栄養素は、お茶として抽出される量が少なく、

60%ほどは実に残ったままだとも言われています。

 

お茶を入れ終わった後に残った実までしっかり食べることで

ローズヒップの栄養素をできるかぎり摂りこみましょう。

カップの底に残った実に直接ハチミツをかけて

スプーンですくって食べれば効果抜群です。

 

また、ビタミンCは水溶性であるため、大量に摂取しても

尿としてすぐに排出されてしまうため、

こまめに摂取したほうが良いとされています。

 

そのため、1日に多くても3杯程度が最適ですが、

お出かけ前と寝る前にローズヒップティーを一杯、という

習慣がつくといいですね。

もちろんノンカフェインなので、お休み前に飲んでも大丈夫です。

 

スポンサードリンク

日焼け止めだけじゃない、ローズヒップの効果

rosehips_1

日焼け対策のビタミンCなら、他の飲み物や食べ物でもいいんじゃない?

と思われがちですが、ローズヒップをオススメする理由は

実はその他にも山ほどあるのです!

 

ローズヒップには、ビタミンC以外にも以下のような成分が含まれています。

ビタミンE(玄米の14倍)、ビタミンA(トマトの20倍)、

ビタミンB群、ビタミンP、カルシウム(牛乳の約9倍)、

鉄分、食物繊維、ポリフェノール、ベータカロテン…

 

「ビタミンCの爆弾」と言われるローズヒップですが、

天然のサプリメント」とも言われるほど、

とても多くの栄養素を含んでいるのです。

 

そのため、ローズヒップの効果として挙げられるのは

シミ・シワ・くすみの解消、たるみや毛穴の引き締めなどの

美肌効果だけではありません。

貧血予防

免疫力の向上

老化防止

皮膚や粘膜の強化

ストレスやイライラの解消

ホルモンバランスの調整

生理痛の緩和

妊娠中の栄養補給

ニキビ予防

・・・これ以外にも、調べるとキリがないほど出てきます。

それほど、ローズヒップにはたくさんのパワーが込められているのです。

 

一年中強い味方でいてくれるローズヒップ

rosehips_5

夏の日焼け対策にとオススメしたローズヒップティーですが、

含まれる多くの栄養素により、

日焼け対策以外にもさまざまな効果が得られることが

お分かりいただけたと思います。

 

冷たいローズヒップティーで夏のお肌ケアをし、

冬にはホットローズヒップティーで体を温める

 

maloca
一年を通してさまざまな効果をもたらしてくれるローズヒップティーで毎日体をケアする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします