スッキリ見えるインテリアのポイントとは?

部屋は生きていく上で外せないものです。そして私たちがそれぞれ過ごす大切な場所でもあるので、出来ることなら自分好みの空間にしておきたいですよね。

自分好みの空間とはいえ、自分の好きなモノだらけにすると容量オーバーとなり、落ち着かない部屋になってしまいます。

けど、逆に好きなモノだけに囲まれてるのにスッキリした部屋もありますよね。

実はインテリアにもスッキリして見えるポイントがあるのです。

 

インテリアのテイストを統一する

neat-interior_2

ポイントとしては、統一感を出すことです。何か一つ、統一させるだけでも大分スッキリします。

部屋のテーマにそってインテリアのテイストを統一させることは定番とも言えます。しかし、好きなモノや趣味が多くてなかなかテイストが定まらない人もいますよね。

そんな方は、家具だけでも同じ色や質感で統一するだけでも大丈夫です。

目に付く大きなものの色をある程度揃えるだけでも統一感が出て、まとまった印象を受けることができます。

 

スポンサードリンク

細々としたものは「置かない」ように工夫する

neat-interior_3

次に細々したものは収納することです。

ついつい、細々としたものを見えるところに出していたり床に置いていたりしていませんか?

ケーブルや充電器などなど。

大きなものが一つあるよりも、細々としたものがいくつか置いてあることの方がすごくゴチャゴチャ感が出てしまいます。

どんなに片付いたお部屋でもテーブルや棚の上など、見えるところに細々としたものが置いてあるとスッキリとは感じられません。

しかし、中身が見えない状態で箱に収納されていると印象は変わります

例えば、スマートフォンの充電器や延長コードなど、どんなに几帳面に分別して箱に直されていたとしても、中身が見える状態で部屋の隅に置かれていると、それだけでスッキリ感は損なわれてしまうのです。

出来ることなら、クローゼットなどに収納してしまい、細々としたものは出さない方がいいのですが、壁にかけるなど見えていても置かない収納をすることでスッキリすることができます。ティッシュやリモコンなども極力置かず、掛けたり収納を改めたりすると、それだけでもスッキリします。

スポンサードリンク

「区切りのある空間」をしっかりと作る

neat-interior_4

物を置く場所と空間が分けてあること

物を置いたり収納したりするスペースと何も無いスペースやくつろげるスペースをしっかり分けることもとても大切なことです。

物が満遍なく配置されていたり、部屋中に棚やテーブル、机が置いてあると、どうしてもごちゃごちゃした印象になってしまいます。

ある程度固めて配置しましょう。

壁が大きく見えれば見えるほど、スッキリ感が増すとも考えれます。

スポンサードリンク

背の高い家具を置かず、低い家具を選ぶこと

neat-interior_5

どんなに物をスッキリさせても、どうしても窮屈な雰囲気になってしまう場合は部屋の大きさと家具のバランスがあってないということも考えられます。

部屋が狭いという方は特に悩まされる問題ですね。

こういう場合は広く見せるということもポイントとして挙げられます。

なるべく背の高い家具は置かず、低い家具を選ぶことで目線を遮らないので、圧迫感を感じさせず、広く感じます。

また、広さを出すために開放感を与えることも一つの手ではあります。

なるべく窓を塞いだり、物を窓の前に置いたりせず、しっかりと自然光が射し込むようにすることで、開放感を出すことが出来ます。

 

なにから始めればいいか分からないなら…..

neat-interior_6

まずは部屋のテイストや色を統一してみましょう

そのテイストに沿わないもので必要のない物を手放す消去法からスタートすることもアリです。
小物入れや収納BOXを同じもので買い揃えると見える場所に置いてもスッキリした印象になります。

押入れやクローゼットがある部屋であれば、なるべく普段頻繁に使うもの以外は綺麗に整理整頓してなおしましょう。

くつろげるスペースや空間を確保して、棚を置きすぎたり必要以上に大きなもので目線を遮ることは避けましょう。
また、窓は遮らず、自然光をしっかり入れましょう

それでも部屋に圧迫感を感じるのであれば、家具の配置を見直してみましょう
きっとしっくりと来る配置が見つかるはずです。

今すぐ始めれる一番に手をつけやすいことは、細々としたことを収納することです。
まずは部屋のケーブル類をまとめたり、整理整頓することから初めてみてはいかがでしょうか。
小さなゴチャゴチャを解消するだけでも部屋はもちろん、気持ちもスッキリする事だと思います。

寧々

おすすめです!ぜひ試して見てください

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします