パワーストーンの浄化方法とは?

パワーストーンとは、簡単にいうと不思議な力を持った石のことを言います。

一般的には、所有者を護ってくれる「石のお守り」ということで知られていますが、その効果も永遠と続くわけではありません。

パワーストーンには所有者のマイナスエネルギーを吸収する効果があるのですが、このネガティブな力を吸い続けることで、ストーンにも徐々に疲労が蓄積されていってしまうのです。

そこで必要となるのが「浄化」です。パワーストーンに溜まっていた疲労を全て洗い流すことで、本来の力を取り戻すことができます。

本項では、パワーストーンに溜まった負のエネルギーを取り除く「浄化」の方法をいくつかご紹介します。パワーストーンをお持ちの方、興味のある方は是非ご参考ください。

また、浄化は基本的に二週間か三週間のペースで行うことをオススメしています。

流水による浄化方法

恐らく、最もメジャーな浄化方法でしょう。流れる水を以てパワーストーンを清め、マイナスエネルギーを洗い落とします

流水は汚染されていない滝や御神水が理想とされていますが、水道水でも一応の浄化は可能です。ただし、流水である必要があります。

近所の川でも問題ありません。川に流れる水にも自然の力が多く秘めているので、川や滝といった自然の水の場合は1~2分ほどの時間で浄化が完了します。

水道水で行うときは、パワーストーンの入ったボウルに10分~30分ほど蛇口から水を流し続けてください。浄化を終えたら、石を傷つけないよう気を配りながら布で丁寧に拭き取りましょう。

また、パワーストーンの中には水への抵抗力が弱いものもあります。

お持ちのパワーストーンが以下のものである場合は、流水による浄化はしない方が良いでしょう。

・アジュライト

・エンジェライト

・クリソコラ

・セレナイ

・デザートローズ

・パイライト

・マラカイト

スポンサードリンク

太陽や月の光による浄化

太陽や月の光を石に注ぐことで、蓄積された負のエネルギーを浄化することができます。

古来より、太陽や月の光には神聖な力が宿っていると言われており、自然の力を吸収することが可能なパワーストーンとの相性は抜群です。

しかし、月光は全てのパワーストーンの浄化に対応していますが、日光に関しては種類によっては日差しに弱いものもあるので注意が必要です。

日光に弱い石については、日光の項目にて記してあります。

・月光の場合

神聖な輝きを持つ月光による浄化は、なるべく時間をかけて行うことがベストです。

最低でも1~2時間は浴びせましょう。一晩置いておく人もたくさんいます。

月光の浄化は日光とは違い、ほぼ全てのパワーストーンに対応してあります。

・日光の場合

午前中の柔らかい日差しを当てるのが理想と言われています。日差しが直接当たる場所に10~30分ほど置いてください。

日差しの差し込む窓際に置いて浄化することも可能です。また、透明度の高い石は日光を長時間当てていると虫眼鏡の要領で発火する恐れがあるので、その場から離れないようにしてください。

日光は避けた方がよい石

・アジュライト

・アメトリン

・エメラルド

・アメジスト

・エンジェライト

・オパール

・サルファー

・セレスタイト

・デザートローズ

・トパーズ

・フローライト

・モルガナイト

・ラリマー

日光に翳すことで変色する恐れのある石

・アンバー

・ロードクロサイト(インカローズ)

・カーネリアン

・カルサイト

・カルセドニー

・クンツァイト

・シトリン

・スギライト

・ターコイズ

・チャロアイト

・ローズクォーツ

スポンサードリンク

セージによる浄化方法

こちらも代表的な浄化方法として知られています。

セージは浄化力が高く、月光と同様に全ての石に対応しています。パワーストーンをお持ちならば、セージによる浄化も覚えていて損はありません。

以下は手順となります。 

①.部屋の窓やドアを閉めてセージの効力を部屋から逃がさないようにします

②.火をつけます

③.火をつけて煙が立ち上るのを確認したら、すぐに消しましょう

④.この煙がパワーストーンを浄化してくれます。舞い上がる煙に石を1分ほど直接当てましょう。

⑤.浄化を終えたら、窓やドアを開けて終了です

スポンサードリンク

塩による浄化方法

塩には死の穢れや殺菌効果、他にも邪念や邪気を追い出す力が含まれているとして有名です。意外と万能な塩は、パワーストーンの浄化にも一役買っています。

塩による浄化は主に二種類に分けられます。一つは塩をそのまま塗すやり方で、もう一つは塩水に浸すという方法です。

塩は出来れば天然塩を利用して、丸一晩置いておきます。朝になったら、布で塩を綺麗に取り除きましょう。

しかし、前述した通り、水に弱いパワーストーンは意外と多いので注意が必要です。

また、塩分に弱い石も存在しているので、しっかり確認しておきましょう。塩に弱いパワーストーンは以下の通りです。

・アンバー

・オパール

・カルサイト

・クリソコラ

・セレナイト

・ターコイズ

・パイライト

・ヘマタイト

・マラカイト

まとめ

如何でしたか? 最後にもう一度だけ浄化方法を確認してみましょう。

・流水による浄化

・日光や月光による浄化

・セージによる浄化

・塩による浄化

 パッと見た感じでは、様々なパワーストーンに対応して安全性も高い月光の浄化が特に秀でているように見えます。

しかし、どれもザックリと説明しただけであり、風水の観点から見ると、また浄化に対する見解も変わってくるかと思います。

一般的には月やセージによる浄化が推奨されていますが、もっと色んな角度からパワーストーンを光らせたいという場合は、他の浄化方法も試してみると良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします