頭の回転を早くする方法とは?脳を鍛える6つの習慣を身につけよう!

よく職場や友人の中で、頭の回転が早い人っていませんか?

何に関しても要領がよく無駄がなくスムーズに事を進めることが出来るということは憧れでもあります。

最近では脳トレやクイズ番組もたくさんあり、実践したりトレーニングに励んだりしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、知識は付いても活用ができなかったら意味がありません。脳のトレーニングやクイズ番組で出演者よりも早く答えられるから仕事や勉強で無駄なく要領よくこなせるという訳ではないのです。

では頭の回転が早く、頭の回転が早く要領がいい人の特徴に着眼点を置いてみます。

頭の回転が早い人の特徴とは?

必ずしも要領がいい人が頭の回転が早いとは言いがたいのですが、頭の回転が早い人は大抵、仕事やプライベートでも要領よくこなしている人であることがとても多いです。「要領よくこなす」ということは要点をしっかり押さえて無駄がないということです。

例えば、仕事や勉強、課題などでやらないといけないことが山積みになっています。

要領よくこなす人は何から手をつけ重点的に行うべきか、またどれは後回しでもいいのかを瞬時に判断します。

その何が大事なことなのかを的確に瞬時に判断するということが必要です。

そしてこれには頭の回転の良さが必要とされるのです。なので、頭の回転が早い人の特徴としては、決断力と物分りの良さが備わっており、さらにそれらを瞬時に判断することが出来ます。

そして自然と無駄のない行動や考えに至ります。ちなみに、物分りというとかなりザックリとした表現なのですが、人の話を聞いて何が言いたいのかを理解するということも含まれます。

スポンサードリンク

頭の回転を良くするための脳を鍛える方法とは?

では、決断力と物分りを身につけるために脳を鍛えればいいのではないでしょうか。

鍛えていけばだんだん早さも身についていきます。

そこで、頭の回転を良くするための脳を鍛える習慣をご紹介します。

①日記を書く

日記を書く習慣を身につけましょう。

これは別に長文でなければならないとか一日1ページ使わなければならないとか、そんなことは必要ありません。とにかく今日この日何があったか、何を感じたか、何を考えたかなどを何行でもいいので書き出し、振り返ることが大切なのです。

「何もしてない」「何も思ってない」訳がありません。体調を崩して寝込んで何もできなかったと言えど、体調を崩して寝込んだということは事実であり、したことです。

一日を振り返ることで自然と頭の中で整理整頓が始まります。

②本を読む

本を読むという習慣はとても大きなプラスになるのでとてもおすすめです。テレビや人と会話をすること以上にとても頭を使います。

活字をおって、小説であれば頭の中で想像したりイメージを膨らましたりしますよね。哲学などであれば自然と頭の中で理解しようと整理されます。

先程の日記を書くということを、この読書でも取り入れればさらに効果的と言えます。

どの文が印象深く感じたか、どういう小説であったかなど、読書日記をつけるくせをつければさらに深く読むことが出来ます。

活字が苦手な方は雑誌のインタビュー記事や新聞など身近にある親しみのあるものから手をつけるといいでしょう。

③シンプルにする

④出来ることから手につける

⑤考え込まない

⑥完璧を目指さない

③④⑤⑥は何が言いたいかというと、要領よくこなしたい人がよくぶつかってしまう壁なのですが、「無駄なことをしてはいけない」という考えから、何をするにしても考え込んでしまうのです。

先程にも例を挙げた、仕事や勉強、課題で説明をします。何から手をつければ良いか、ということで考え込んでしまいます。

無駄なことをしまいと意識をしすぎで必要以上に考え込んで結局は要領が悪いという結果になります。

ここはシンプルに出来ることから手をつけましょう。

完璧に無駄がないという人はむしろ存在はしません。最初はやはり納得がいかない結果で終わってしまうかもしれませんが、これも数をこなせばコツをつかみ、段々順序よくこなすことが出来るのです。

なので、どれからやろうか?と悩んだ時は出来ることからクリアしていきます。

大切なのは無駄がないということではなく、クリアすることです。

無駄がないことが重要なのではないということをしっかり頭に入れておきましょう。

余計なことは考えず、シンプルに出来ることから片付ける習慣をつけ、すると次第に「この前にこれをした方が良かった」と判断ができるようになります。

ただこなすだけでなく身につけることが大切なのです。失敗は成功の元ということです。

スポンサードリンク

あなたの周りには頭の回転が早い人はいますか?

1番手っ取り早いのは頭の回転が早い人となるべく関わり合うことです。

習慣を身につけて脳を鍛えることもとても効果的ですが、頭の回転が早い人の行動や考え方などを実際に観察してみることもおすすめです。

並行して紹介した脳を鍛える習慣を少しずつ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします