多言語学習のメリットがスゴイ!【おすすめ勉強法】で話せる人になっちゃおう!

 

世界史や世界地理は苦手だったし…

という方にぜひお勧めしたいのが、

 

言語を通して世界を知る

 

ということです。

勉強としてではなく趣味のひとつのような気持ちで、

気軽に世界を身近に感じてみませんか?

 

「とりあえず共通語の英語を」と選んで「挫折」するのはもったいない

language_1

英会話学校や英語教材など、私たちの身の周りには

英語学習を勧めるものが多くあります。

 

それにしてもなぜ「英語ができたらいいな」と思う人が多いのでしょう。

とりあえず世界共通語と言われているから?

なんとなくできたほうが仕事上かっこよさそうだから?

 

海外旅行が気軽に行ける今、海外に出る機会も増え、

また日本に来る外国人も増えたことで、

英語を使う機会というのは案外身近に存在しています。

 

世界の人とコミュニケーションをとりたいから」という理由で、

共通言語とされている英語にまず目が向くのは当然です。

 

でも「勉強しなきゃ!」と思えば思うほど、

時間が取れなかったりヤル気が起きなかったりして、

ついつい夢のままに終わっている人も多いのではないでしょうか。

 

それならいっそのこと、それぞれの国の言葉を横並びで学んでみませんか?

英語に挫折しそうだからといって、

世界を身近に感じられないなんてことはありません。

世界を知る手段の一つとして、

その人たちそれぞれの言葉を知るところから始めてみるのです。

 

スポンサードリンク

世界の言語で「ありがとう」

language_2

今回のオリンピック開催国のブラジルは、ポルトガル語が公用語です。

世界地図を見てみると、ポルトガルからポルトガル人が

海を渡ってブラジルにやってきたというのが一目瞭然ですね。

だからブラジルではポルトガル語が使用されているのです。

 

近い国は言葉も似ていることが多いです。

植民地や侵略で、強制的に支配国の言語を使うようにされたところもあります。

このように言葉一つを見ても、さまざまな歴史が見えてきます。

 

インターネットで「世界 言語 ありがとう」や

「世界 言葉 こんにちは」などと検索すると、

国の一覧とともに、各国語での「ありがとう」や「こんにちは」が

音声付きで見ることができるサイトが多くあります。

 

あくまでも趣味の一環としてなので、

勉強のように国と言葉を全部覚える必要はありません。

知りたいな、面白いな、と思ったものは自然と身についてきます。

 

そして気になった言語や国があれば、さらにまた検索して…とつなげれば、

いくらでも情報を集めることができるでしょう。

 

現地の詳細な地図を見ながら、その国の言葉を聞きながら、

PCの前でちょっとした海外旅行気分を味わうことができるのです。

 

スポンサードリンク

英語が少しできる人にはこの4言語を

language_5

英語は少しならできるという人のために、

もう一歩踏み込んだおすすめの多言語学習があります。

 

それは、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、フランス語4言語

並列に学ぶということです。

 

難しい言語の歴史などの話は避けますが、

これらの言語はもともとラテン語から派生した言葉で、

英語もラテン語に多く影響受けた言語であるため、とてもよく似ています。

 

どのように似ているのか、下の例を見てみてください。

ワイン1ケース」を各言語に直してみたものです。

英語になんとなく対応している感じがよくお分かりいただけると思います。

 

英語

a case of wine

 

スペイン語

una caja de vino

 

ポルトガル語

uma caixa de vinho

 

イタリア語

una cassa di vino

 

フランス語

une caisse de vin

 

もちろんそれぞれ詳しい文法を見ていくと違いは多くありますが、

基本的な構造などはよく似ています。

このように複数の言語を横並びで勉強すると

共通点相違点を発見しながら

楽しく学習することができます。

 

また、スペイン語ポルトガル語イタリア語に関しては、

発音がアルファベットをそのまま読む感じに近いので、

英語に比べると日本人には簡単でとっつきやすい言語と言えるでしょう。

 

まとめ ~東京オリンピックを目標に!?

language_4

外国語学習といったら英語、という概念から少し離れて、

たくさんの言語から楽しく世界を知るということに

興味をお持ちいただけたでしょうか。

 

4年後のオリンピックは東京です。

ますます多くの外国人が日本を訪れ、

コミュニケーションをとれるチャンスもきっと来るでしょう。

その時に、「ハロー」ではなくその人の言葉で少しでも接することができると、

きっと喜んでもらえるはずです。

 

色々な言語を知ることで、

世界が少しでも身近に感じられるといいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします