ピアスの開け方大丈夫?【すぐできるトラブル対処・予防方法まとめ】

今やオシャレの定番となって定着したピアス。色々とコーディネートをして楽しんでいる人も多いと思います。

一瞬でピアス穴ができるので超お手軽なイメージがありますが、開け方やケアの仕方を間違うとトラブルになることもあります。

そこで、ありがちなピアスのトラブルと予防策(対処法)をまとめました。

穴がキレイに成形されなかった場合は?

ファーストピアスが樹脂製でそれを長いこと使っていたり、最低でも2、3ヶ月外さないようにという注意を守らなかった時に起こりがちです。

本来、生傷のホールに対して樹脂製のピアスは厳禁です。

樹脂は金属アレルギーにならないメリットはあるものの、金属に比べて素材が柔らかく、傷がつきやすいです。

丁寧にケアをしているつもりでも落としきれない細菌がピアス自体の傷に入り込み、皮膚の炎症を誘発されることがあります。

また、生傷状態のホールの分泌液のために癒着する可能性もあります。

ファーストピアスをつける期間はしっかりと守りましょう。

2,3ヶ月で血や分泌液が出なくなっても、その時点ではホールは完成には程遠いです。

よく見るとホールに赤みがあったり、ホール周辺の皮膚が平坦になっていることでしょう(完成するとホール部分は凹みます)。

ピアス禁止の校則、就業規則、実習などがあるとわかっているなら、ピアスを開けることは止めましょう。

皮膚が不安定な時のピアスの抜き挿しはホールに負担がかかりますし、尚更安定に時間がかかってしまうからです。

ファーストピアスは、金属の中でもアレルギーを起こしにくいチタンとステンレスが特にオススメです。

長さが選べるなら、腫れや洗浄のケアのことを考え8mm以上のロングポストにしておくと便利です。

膿が出るような酷い炎症や腫れが起こってしまったら、シリコンチューブを用いた治療が効果的です。

ホールが縮むのを防ぎ、溜まっている膿を排出しやすくなるというメリットがあります。

こうした症状の他にも、皮膚科はピアストラブルの治療を行っています。

なのでホールの調子が悪くてすぐに治したい時は、病院を頼るのも有効です。

スポンサードリンク

肉芽ができた場合は?

ホールを作ると細菌感染だったり、うまくピアスが入らず中をグリグリしたり、重いピアスの着用等の理由で肉芽ができることがあります。

ホールにかかるように膿を持った赤ニキビのような腫れ物ができたら、それが肉芽です。

日頃石鹸をつけて耳の前後を念入りに洗っていると思いますが、そのケアに加えホットソークをやると効果があります。

ホットソークは皮膚の代謝を促進させ、細菌や膿などを排出し傷口をキレイにする効果があります。

人肌に温めた200mmのお湯に、天然の塩(食塩×)を小さじに1/4程度入れます。

カップに作った食塩水を入れたら、肉芽ができた部分を15分ほどその中に浸します。

15分経過したら終了し、お湯で丁寧に洗い流します。

ひどい肉芽の場合は、抗生物質入りの軟膏をつけるといいでしょう。

ホットソーク中はいつの間に濡れていることがあるので、厚手のタオルがあると安心です。

タイミングはお風呂の前か後が、洗い流しやすくていいと思います。

筆者も完成間近の穴にピアスがうまく入らず、肉芽ができたことがありました。

1週間ほど毎日ホットソークを続けたところ、肉芽は消え以前より炎症を起こさなくなりました。

0.9mm以下の細いピアスだとうまく通らなかった時の痛みが強かったので、ピアスのゲージを1,2段階(18,16G)上げたことも効果があったのだと思います。

これほど太いピアスとなるとファッションピアスではなくボディピアスの区分になりますが、ポストの長さや太さが選べる上に素材もチタンやステンレスが当たり前なのでホールの育成にはうってつけのアイテムです。

スポンサードリンク

金属アレルギーになった場合?

ピアスは指輪やネックレスといった厚い肌の上に着けるアクセサリーよりも、金属アレルギーを発症しやすいと言われています。

今まで金やプラチナ、プチプラアクセを着けても問題なかったのに、ピアスを着けるようになってから肌が荒れるようになった人は結構いるようです。

もし着けてみて痒い、赤くなった等の異常があったら、すぐに使用を止めましょう。

ピアスを身につける時は、まずは素材に着目しましょう。

一番金属アレルギーを起こしにくいのはガラス、樹脂などです。金属ではないので当然ですね。

次に安定しているのが、チタンとサージカルステンレスです。特にチタンは医療用インプラントとしても使われているほど生体適合性が高いです。

次に、金、プラチナ、銀などが来ます。ただ、これらの素材は100%だと柔らかくて使用に適さないので、他の金属を混ぜてアクセにすることが多いです。

純金や純銀にアレルギーがなくても、合金となっている他の金属に対してアレルギーを発症する危険があります。

金属アレルギーになりやすいのは、ニッケル、コバルト、クロム、銅などです。

銅というとピンクゴールドの色合いを出すためにも使われる、メジャーな素材ですね。

ニッケルやコバルトなども、金属に粘性を出せるのでプチプラアクセにもジュエリーにも混ざっていることがあります。

素材がわからないピアスを買ったら、揺れるタイプなら手芸店でステンレス(チタン)のポスト部分を買ってチャームを付け替えると安心して使用できます。

また、マニキュアのクリアコートをポストに塗るのも効果的です。どの形状のピアスにも使えますが、定期的な塗り直しが必要です。

一番確実なのは、皮膚科で金属アレルギーの診断をしてもらうことです。

スポンサードリンク

ピアス穴が裂けた場合は?

重いピアスをしたり耳の際に穴を開けた場合、何かに引っかけたはずみでホールが裂ける可能性が高くなります。

そうすると整形外科や美容皮膚科で縫合してもらう必要があります。

これを防ぐためには、耳の端から余裕をもたせた所にピアッシングをするしかありません。

なぜか耳の端ギリギリにピアスを開けようとする人は多いですが、あまりにも端すぎると余計な力を加えていなくても排除されることもあります。

排除とは体がピアスを異物と認識し、外に追い出そうとする働きのことです。

もし開けた位置よりピアスが外側に移動していると思ったら、排除が進行する段階なのですぐにピアスを外しましょう。

排除されるとその箇所の皮膚が凹凸になったりハッキリとわかる跡ができます。

ホールに負担のかからない軽いピアスや、開けた部位に無理のない形状のピアスを着けると多少の予防になります。

まとめ

以上、ピアスのトラブルの予防と対処法を紹介しました。

手軽に開けられる分つい開けてからの慎重なケアを忘れてしまいがちですが、快適なピアスライフをおくるためにもホールの健康をいつも意識していたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします