コーピングとは?宇宙飛行士もしているストレス対策法を紹介します!

立春を過ぎ、旧暦ではだんだん春に近づいていくんですが、現在進行形でとても冷え冷えした日々が続いています。

しかし、夜は空気が澄んでいて、星空がとてもきれいです。星空というと宇宙なのですが、地球は宇宙に浮かぶ一つの星であり、外にはたくさんの未知の世界が広がっています。

そして、そこにロケットで飛んで行ったり、はたまたその中に人間を乗せたりひていることだってあります。

宇宙飛行士さんってすごいですよね。誰もが一度は幼い頃に憧れたことがある職業なのではないでしょうか?しかし、未知の世界と触れ合うことや素晴らしい景色が見られるなど良いことばかりではありません。

宇宙船に何日間も拘束され、家族にも会えません。1人で行くわけでもないし、もしものことがあってもいけないので、常に誰かと連絡が取れる状況になくてはなりません。

それってとてつもなくストレスが溜まる生活環境ですよね。普段ストレス社会に晒されている私達ですが、これ程のストレスはもしかすると体験したことはないのではないでしょうか。

では、そんな宇宙飛行士の方々のストレス対策とはどのようなものなのでしょうか?

宇宙飛行士さんのストレス対策とは?

かっこいい憧れの職業の反面、急遽のストレス職業とも呼ばれている宇宙飛行士ですが、そんなとてつもないストレスを受ける宇宙飛行士の方々が行っているストレス対策法とは?

それは「コーピング」と呼ばれているものです。これはキラーストレスに対する軽減方法ですが、コーピングの他には運動とマインドフルネスが挙げられます。

運動をすることはストレス発散に良いということは皆さんご存知かと思います。

マインドフルネスとは、所謂「瞑想」で、一時期巷では流行っていましたよね。

では、コーピングとは?

スポンサードリンク

意外とすぐ出来る!コーピング

コーピングとは、自分のストレスと向き合い、観察し、意識的な対策を繰り返し行うことです。

方法としては、まず自分がストレスを感じた時に気晴らしとなる行動をリストアップしていきます。

多ければ多いほど役立ちます。そしてストレスを感じると、リストアップした項目を試していきます。

ストレスが解消されなければ次の方法に挑戦します。このようにして、どういう時にどの方法が効果的であるかがはっきりしてきます。

このように繰り返して行い、しっくり来たことをすることで、自分がストレスを感じた時にある行動を行うことでストレスが解消されるということを脳にすり込んでいきます。

生理学的なことを言うと、脳の前頭葉を活性化することで、扁桃体の活動を抑えます

どういうことかと言うと、脳の前頭葉は認知を司る部位で、悪感情が心の中にあればあるほど扁桃体が活性化している状態と言えます。

ある行動をすることでスッキリするということを認識すること、更にその行動が何なのかを模索することで扁桃体の活動を制御し、最終的にはどの行動をすることで晴れ晴れした気持ちになれるかということを判断してスッキリ出来るということです。

実際にうつ病患者に試したところ、劇的な変化があったとのことです。

しかしコーピングを行うにあたり、大切なポイントです。

一つ一つ試していく必要があります。イライラするな~と感じた時に、そのリストを思い出し、或いは広げて試していき、「これはどういう時にいいな」とか、「これは案外ストレスに効果がないな」とか、すぐに判断をすることが必要とされます。

なので、「海外旅行に行く」とか「〇〇のコンサートに行く」とか、すぐに行うことが出来ないことはリストに入れないようにしましょう。

どうしてもと言うのであれば、例えば、「海外旅行に行く計画を事細かく立てる」や「〇〇のコンサートのDVDを見る」などに留めておきましょう。

スポンサードリンク

コーピングをやってみよう!

紙とペンやスマートフォンのメモ機能など、とにかく自分がイライラした時にスッキリするであろう行動をメモすることが出来る環境であれば、時間や場所関係なしにすぐに行うことができます。

実際に調査結果も出ているので、期待出来そうですよね。いつもはめんどくさがりな方でも、自分が好きな行動や落ち着く行動を考えることで少しはイライラした気分から抜け出せれるのではないでしょうか?

そしてそれらを実践することで、楽しくなることでしょう。重い腰を上げて、試してみる価値はありそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします