チョコレートの健康効果と摂取量のポイントとは?

2月に突入しました。2月のイベントといえば、バレンタインデーがあります。日本でチョコレートが最も売れる日なのではないでしょうか。

チョコレートというと甘くて美味しい、ティータイムにもピッタリで、種類も豊富です。

優しく甘いものから大人向けなビターなものまであり、子供からお年寄りまで人気のある食べ物ですよね。

しかし、甘くて美味しい分、カロリーも気になります。食べすぎると肌荒れやダイエットにも影響が出てしまうので、世の女性達は甘い誘惑と戦っています。

中にはチョコレート禁止というルールを作っている方もいるようです。チョコレートが身体にいいもので、普段から食べれたらとても幸せだとは思いませんか?

そこで、チョコレートを食べることによって健康になれるのではないか?ということについてご紹介していきます。

そもそもチョコレートの成分とは?

チョコレートの成分は?と聞くと、やはり一番にカカオが思い浮かぶのではないでしょうか。

カカオ豆をすり潰してカカオマスを作り出し、そこから、カカオバターを更に絞り出してカカオマスと混ぜて、更に糖分やミルクなどが加えられて作られています。

そして昔はチョコレートはとしても使われていたようです。現代では甘くて美味しいお菓子ですが、元々はカカオ豆をすり潰し飲み物にして薬として扱われていました。

薬として扱われるくらいなので身体に悪いわけがありません。カカオ自体にはかなりの栄養が含まれており、摂取することで、美容や健康に効果的なものなのです。

スポンサードリンク

チョコレートの健康に対する効果

チョコレートは高カロリーで脂質が多い食べ物ですが、実は良質な脂肪なのです。

高カロリーの原因は砂糖とカカオバターによるものですが、実はこのカカオバターは脂肪分解酵素リパーゼという成分の働きを抑え、身体に溜まりにくい脂質で食べても血中の悪玉コレステロールは上がらないのです。

そのため適度に摂取することで体脂肪率が上がりにくくなるという効果も期待されています。

そのようなことからまず「太りにくい」という効果が挙げられます。

そしてカカオにはカカオポリフェノールと呼ばれるものがあります。これには抗酸化作用の効果もあり、老化や身体の酸化を防いでくれます。更にアレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きを抑えてくれるので、アレルギーの緩和・改善や予防も期待できます。

そしてこの、ポリフェノールには腸を活発にしてくれる働きもあります。

また、微量ですがカフェインと食物繊維も含まれているので、適度に摂取することで便秘解消にもつながるのです。

腸内環境が良くなると、肌にも影響が出てきます。

更に抗酸化作用でお肌のサビつきを防止してくれるので、美肌効果も期待できます。

また、チョコレートと言うと甘くて深みのあるカカオの癒される香りですよね。

この香りにより、アロマ効果もあるのでリラックス効果もあります。これはテオプロミンという成分が関係しており、神経を鎮静させてくれる働きがあることがわかっています。

また、リラックス効果だけでなく、集中力アップという効果もあることがわかっています。

チョコレートなどの甘い食べ物には何と言っても虫歯がつきものです。

しかし、意外なことにチョコレートに含まれるカカオパウダーには殺菌作用があり、さらに言うと歯垢ができにくくなる効果もあるので、虫歯予防の効果があることも注目されています。

スポンサードリンク

効果的にチョコレートを食べるには?

現代のチョコレートにはたくさんの味付けが施されています。

カカオ豆自体はとても身体にいいのですが、カカオと一緒に砂糖も使われています。

カカオを摂取すると共に、もれなく砂糖も摂取することになります。

甘ければ甘いほど美味しいですが、その分砂糖やミルクがたくさん使われているので、摂取には十分な注意が必要です。

食べれば食べるほど全ての効果が大きいというわけではありません。

痩せるからと思って食べても少なからず砂糖を摂っています

そしてそれなりにカロリーの高い食べ物でもあるので食べ過ぎには十分気をつけましょう。

また、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなどよりもダークチョコレートや最近では高濃度なカカオが使われたチョコレートあるので、そのようなチョコレートを選ぶことでより効果が期待されます。

そして、チョコレートだけをただ摂取すればいいというわけでもなく、日々のバランスのとれた食生活も大変重要なポイントです。

便秘解消の件に関しても、ただチョコレートを食べればいいというのではなく、それなりの水分摂取も必要です。

美味しいチョコレートが身体にこれだけの良い効果をもたらすと聞くと、ついつい甘えてチョコレートを頻繁に口にしてしまうかもしれませんが、間違った摂取の仕方や偏った食生活にならないよう普段から気遣いをしておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします