もうヤダ!どうしても嫌な人と付き合う方法【大切なこと4選】

子供の頃は気の合う友達と仲良く遊んでいるだけだったので気楽でした。大人になるにしたがって、苦手な人、嫌いな人ともうまく付き合う必要が出てきます。それが会社の上司や同僚であればなおさら表立って避けるわけにはいきません。

しかし、嫌いな人との付き合い方もコツを覚えると難なくこなせるようになります。人付き合いが気楽になり、ストレスを緩和することができます。それでは、嫌いな人との付き合い方で大切な4つのことをご案内します。

必要最低限の付き合いに留める

無理をして嫌いな人と付き合うのは、とてもストレスが溜まります。それならば必要最低限の接触に留めるのも一つの手です。

挨拶や用事の話は無視せずしっかりと受け止めて、普段は距離を置くのです。なるべく接触を避けることによって、ストレスを最低限に抑えることができます。

具体的な例を上げると、会社の同僚であれば、飲み会やランチなど社外での接触を避け、グループ付き合いしている友人であれば一対一の連絡などを絶つなど。

接触する機会が減るだけで、嫌いな相手にイライラすることが少なくなるでしょう。

イライラする機会が減るだけで、それまで感情的になって見えてこなかった相手の一面を見ることができるようになります。

冷静になり、理論的な観点から相手が見えるようになった時には、もしかしたら相手の長所がわかり、好きになることができるようになるかもしれません。

それならば今後は接点を持つたびにイライラせずに過ごすことができるようになります。

スポンサードリンク

嫌いな原因を考える

嫌いな人には、嫌いになる原因があるものです。おしゃべりである。上目線の喋り方をする。

愚痴が多い。口癖が気になる、など、まずは相手の嫌いな部分を言葉にしてみましょう。そうすると相手の嫌な部分は自分にとってこだわりのある行為であることが多いことに気付くでしょう。

同族嫌悪という言葉もあるように、実は自分自身で自分の短所だと思っている一面は、人が行っても気になるものです。

自分自身が必要以上のことを喋ってしまい、嫌な経験を繰り返している人は、おしゃべりな人に対して自分のコンプレックスを刺激されるでしょう。また、自分に自信がないことから不満を多く感じる人は、同じように不満を多く持っていて愚痴が多い人のことを不快に思うでしょう。

嫌いな人を嫌っている理由が自分にも当てはまるのなら、これを機会に自分自身と向き合ってみるのもいいかもしれません。

人の振り見て我が振り直せ」ということわざが示すように、嫌いな人の気に障るところを自分でも直していく良い機会です。自分自身のコンプレックスが解消されると、今まで嫌っていた相手を受け入れることができるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

相手の立場に立って考える

それでも解決しないのなら、嫌いな相手の立場になって考えてみましょう。

普段の自分の立場からではなく、相手の立場になって考えると、なぜ相手がそのような行動を取るのかを理解することができるようになります。理解することにより、「なんとなく嫌い」と思っていた感情がすっきりするでしょう。

普段から上目線の話し方をしている人は、実は自分に自信がないのを隠すためにそのような話し方になっているのかもしれません。

特定の言葉をよく使う人は、他の言い回しをわからないのかもしれません。

相手の嫌いな面が相手の未熟さから起きるものであれば、わざわざ未熟な相手にイライラしているのは無駄だと気付くでしょう。

また、嫌いな相手の立場になって考えることで、相手が無害であることに気付くこともあるでしょう。

例えば自分自身に当たりが強い相手のことが嫌いだとします。しかし皆にそのような態度を取っていれば、それは相手の性格だということがわかります。

自分を飾らず、物事をきっぱりと言い放つ性格がゆえに当たりが強いという印象を周りに与えているだけで、本人は悪気はないのかもしれません。それならば「自分は嫌われているんだ」と思わず、相手のことを嫌う必要がないと気付くでしょう。

スポンサードリンク

すぐにリラックスできる方法を持つ

嫌いな相手と接触するとき、ついイライラしたり不安を覚えたりと感情的になってしまうことが多いでしょう。

しかし、感情的になると上記のように理論的に考えることができなくなります。また、不快な感情を長く持つのはストレスが溜まります。

そのため、自分が感情的になっていると感じたときにすぐにリラックスできる方法を持つことが大切です。

例えば、深呼吸は身体をリラックスする効果があります。会話の最中に堂々と深呼吸ができなくても、大きく肺を膨らませるように息を大きめに吸って吐き出すだけでも興奮した神経を静めることができるでしょう。嫌いな相手と会った後には、頑張った自分へのご褒美として好きな食べ物や飲み物を買うと決めてもいいでしょう。

嫌いな人との接触イコール嫌なもの、という図式を脳内から消すことによって、より気軽に相手と話すことができるようになるでしょう。

まとめ

以上、嫌いな人との付き合い方4つをご紹介しました。

嫌いな人との付き合い方は相手によっても、また自分自身の性格によっても最適な方法は異なります。まずは無理のない範囲で自分に合っている方法を試してください。

すべてのストレスの原因は人間関係だと言う人もいるように、人間関係でのストレスはつきないものです。毎日の生活を快適なものにするためにも、嫌いな人との付き合い方を考えてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします