癒し映画おすすめランキングまとめ【圧倒的リラックスをアナタに】

自宅で気軽にリラックスタイムを過ごすことができる映画のひととき。ソファーでくつろぎながらのんびり映画を見ながら過ごす時間はとってもリラックスできる癒しの時間ですよね。

今回は、映画を見る時間がより素敵なリラックスした癒しのひとときになるアドバイスをしてみようと思います。

その前に映画を見るための準備

relax_movie_3

ただ映画を見るだけはなく、癒しのひとときを過ごすためには、まずは映画を見る前に身のまわりの準備をしておきましょう。

まずは、映画を見る時間帯ですが、睡眠をとる2,3時間前がいいでしょう。
今日やらなければならないことを片付けて、ゆっくり過ごせるという状態にしておきましょう。

映画の途中で邪魔が入らないようにしておくのも大切です。携帯電話も映画を見るときは気にしないようにどこか別の場所に置いておくといいでしょう。そして、ゆっくりとお風呂に入って身体を温めて、リラックスできるルームウェアに着替えましょう。

映画は大体2時間前後のものが多いので、リラックス効果のあるアロマやお香を用意しておくといいですね。

そして、映画を見ながら食べるお菓子や飲み物も準備しておくといいでしょう。

ヨーグルトや、ゼリー系のものがおすすめです。スナック菓子を食べながら見るというよりも、途中でブレイクタイムをとるようなものがいいですね。飲み物も温かいジャスミンティーなどがいいのではないでしょうか。今回は私がおすすめする映画をランキング形式でご紹介したいなと思います。

スポンサードリンク

おすすめの癒し映画ランキング

5位 きみに読む物語

きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]

純粋なラブストーリーに涙して癒される映画「きみに読む物語」。時代背景が二人を引き裂こうとするのですが、それに抗う二人の姿に胸を撃たれます。このくらい人を好きになってみたいなあなんて、乙女チックな気分にさせてくれるお話しです。

舞台は、1940年代。身分制度があるので同じ身分の人としか結婚してはいけない時代です。良家のお嬢様アリーは、ある夏材木工場で働くノアと出会い恋に落ちてしまいます。身分の違いがあるので当然認めてはもらえません。ノアは、365日欠かさず手紙を書きます。しかしアリーの母親は毎日毎日全ての手紙を隠してしまうのです。

手紙を巡る争いが母親との間で繰り広げられるわけですが、それでもお互いの気持ち、想いはぶれることがありません。

普通こういう状況になったら徐々に気持ちも冷めてしまいます。そんな中一人の人を想い続けるって凄く素敵ですよね。

手紙を隠されても両想いなままな二人ですが、強引な母親の命令でアリーは別の人と結婚することに…。一旦は引き裂かれてしまう二人ですが、数年後に再会することになります。

貧しい環境にありながら、好きな人を愛し続け、そして懸命に生きるノア。押し付けられた幸せを拒み自分の気持ちを大切にしているアリー。二人の物語には、忘れていた大切な気持ちを思い出させてくれる力があります。

4位 マイ・インターン

【Amazon.co.jp限定】マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付)(B2ポスター付) [Blu-ray]

亀の甲より年の劫とはよく言ったものです。「マイ・インターン」はアン・ハサウェイが演じる女社長ジュールズと、70才のお年寄りインターン、ベンの物語です。

旦那に専業主婦になってもらい、経営者として成功を収めたジュールズ。ファッション関係の仕事に不釣り合いなベンを最初は疎ましく思っているのですが、徐々に心を開いていきます。

全く未経験の仕事で、パソコンの扱いすら覚束ないベンは、人生経験の豊かさとさり気ない気配り、包容力のおかげで皆から頼られる存在になっていきます。

懸命に働く姿が周りの人の心を動かしていくのです。ベンの上司でもあるジュールズもその一人。最初は全く気にもしていなかったのに、少しずつ、自分の悩みを打ち明けていきます。旦那に専業主婦をお願いしてまで掴んだ今の立場に疑問を感じているジュールズは、次第にベンを頼るようになるのです。ジュールズの目線で見ていくと、働く女性の悩みがよくわかり、共感がもてるでしょう。

一見成功しているような人でも、実はいろいろな悩みを持っています。仕事とは何か、仕事で犠牲にするモノは何か、という深いところまで考えさせてもらえます。そして、思いやりが如何に大切で、経験を持った人はそれだけ強いということも実感できます。

考えさせてくれる内容ながらも、人間模様が楽しいコメディタッチの映画なので、ホンワカできる癒しの映画になっています。

3位 最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方 (初回限定生産) [Blu-ray]

人生の最後をどう締めくくるか、心に沁みる最後の時を描いた映画「最高の人生の見つけ方」。見終わった後には心が温かく、そして癒されていることでしょう。

余命僅か六ヶ月と宣告された、ジャック・ニコルソン演じるエドワードとモーガン・フリーマンが演じるカーターは病院の部屋が同じで意気投合。人生の最後にやりたいことをやって死のうと考えたのです。最後にやりたいことのリスト、その名も棺桶リスト。映画とはいえ人生の最後に好きなことを、なんて聞くと自分の悩みがちっぽけなことに思えてきます。

二人の家族との物語も描かれており、人との絆と言うと安っぽいかもしれませんが、それを超越したテーマが詰まっています。途中二人はケンカ別れしてしまうのですが、それすらも見ている人には癒される内容です。もちろん最後には仲直り。

主人公でもある二人が辿ってきた人生、軌跡にはとても説得力があり、癒されます。やる気が出ないとき、心が疲れているときはこの映画を見て下さい。あなただけの最高の人生を見つけられるかもしれません。二人の演技力が素晴らしく、感情移入できるため、見終わった後は心が洗われた気がしますよ。

2位 秒速5センチメートル

秒速5センチメートル [Blu-ray]

切なさが心を癒す。ほろ苦い青春と流れていく現実をうまく調和させたアニメ映画、「秒速5センチメートル」。

監督は「君の名は」で有名な新海誠監督です。小学生時代から物語がスタートして、主人公が大人になるまでの恋愛描写をひたすら描いています。切ない描写が続き、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、まずはアニメ界でもトップクラスの美しい背景描写に癒されて下さい。小説のようにオシャレに進行する物語に徐々に引き込まれていくことでしょう。

物語は小学生、中学生、高校生とどんどん進んでいくのですが、映画を見ているのにいつの間にか自分の青春時代を思い出しているかもしれません。親の仕事の都合で、両想いの二人は遠距離恋愛になってしまいます。中学生の主人公が遠くまで会いに行くときの感情表現は素晴らしいの一言。

主人公が大人になった後のクライマックスでもしんみりしっぱなしですが、それがまたいい味出しています。新海誠監督はメインとなるテーマ曲を作中に取り入れることが特徴ですが、秒速5センチメートルでも山崎まさよしの「One More Time,One More Chanse」が使われています。

素敵な曲と、美麗な映像を見ているだけでとても癒されます。青春時代を思い出しつつ、切ない感傷に浸ってみて下さい。

1位 モンタナの風に抱かれて

モンタナの風に抱かれて [DVD]

モンタナの大自然に心癒されます。映画、「モンタナの風に抱かれて」は、心に傷を負った少女と、馬を愛する男の物語。

乗馬中の悲惨な事故により、ある少女は体と心に深い傷を負ってしまいます。その時に乗っていた馬も事故のせいで狂暴化してしまうのです。なんとか娘と馬の傷を癒したいと考えた少女の母親が、伝説のカウボーイに強引に娘と馬を託します。

少女の母親がかなり強引に、娘と馬をカウボーイに引き合わせるのですが、そこから徐々に癒され、変わっていく際の描写がうまく描かれています。少女だけでなく、母親、そして暴れ馬になってしまった馬の物語も同時進行で進んでいきます。詳しくは伏せておきますが母親のラブロマンスも。

いろいろな要素が入っている映画ですが不思議とゴチャゴチャはしていません。映画の本題ではないですが、この映画の舞台のような場所での暮らしって正直憧れます。カウボーイのトムが暮らしている場所に行ってみたいとすら思わせてくれるんです。

2時間以上の長編映画なのですが、美しい自然を見ていると不思議と癒されて、長いと感じさせません。モンタナの風に抱かれては自然、馬、人間の気持ち、全てに癒される映画です。

スポンサードリンク

動物に癒される映画「おまけ」

relax_movie_2

映画のジャンルや内容もさまざまで好みもありますよね?それでも癒しのひとときにみる映画はあまり、ホラーやアクション、サスペンス系は好ましくないですね。

どのジャンルも見始めると面白いのですが、今回はもう少し見ていてやさしい気持ちになれる映画を選んでみてください。

おすすめなのは動物が登場する映画です。

ただただ登場してくる動物に「カワイイ」と見ていて癒されるような映画がおすすめです。その愛らしさ、可愛さに笑顔になれることによって、癒しの効果が大いに期待できます。

動物に愛情が注がれているときって実はとても癒し効果が期待できます。ペットを飼われていると、その元気な姿に癒されて、日頃のストレスを忘れているということが頻繁にあります。

ペットを飼っていなくても、映画の中に登場する動物たちに、同じような感情を味わえることがとても大切です。映画を見終った後も、「なんだかペットと暮らしてみたいな」なんてぼんやりイメージしてみるのもいいかもしれません。

「ミーアキャット」という映画はミーアキャットという小さな動物が過酷な大自然の中で一生懸命に生きるその生態を観察したドキュメンタリー映画です。

ミーアキャットの姿はとても愛らしいです。自分たちの家や仲間に危険なことが起きないかいつも見張り役がいます。そのたたずまいも小さな体でなるべく高いところでしっかりと見張っています。

子供たちを巣へ引き戻すときに母親が子供たちを巣穴に連れ込むときの腕のまわし方がとても優しいです。そんな姿に癒されながらも、過酷な大自然で生き延びようとする姿。

大自然で生きようとする動物たちを見ていると、生きていくうえで大切なことが、とてもシンプルですっきりします。

動物に癒される映画は他にも「ベイブ」や「シャーロットのおくりもの」のような動物たちがお話をする映画も気軽に見ることができ、とても気分がよくなる映画です。

良ければ確認してみてください。

ベイブ

シャーロットのおくりもの

人間の思惑が交錯するような映画も、もちろん刺激的でおもしろいですが、人間があまり登場しない映画は余計な考え事がなくなり、リラックスした状態で映画を見ることができるので、癒しを感じる映画としてもおすすめです。

リラックスして眠たくなるかもしれませんが、それぐらいが眠ってもいいくらいが気持ちのいいリラックス感を感じます。

泣ける感動する映画や癒される洋画についても紹介しています!詳しくはこちらでチェックして下さい。

おすすめは?日本の泣ける恋愛映画を紹介します!

2016.12.13

ジャンル別でおすすめの癒し洋画をご紹介します!

2016.09.20

まとめ

single_life_4

今回は癒しを感じる映画を紹介しました。

自分のお気に入りの癒し映画を見て、家でゆったりするのもおすすめです!皆様の癒しとなる映画に出会えますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします