健康食材の王様トマト【その脅威のメカニズムとは】

健康食材は数あれど、No.1を決めるとしたらどれでしょう?

もちろん、必要としている栄養素によっても違ってきますが、今最も熱い注目を集めている食材が「トマト」です。

真っ赤に熟したトマトには、たくさんの栄養素が含まれています。

中でも、カロテノイドの一種である「リコピン」が豊富に含まれており、健康だけでなく美容にも効果的と評判です。

トマトの素晴らしい働きを一挙にご紹介します!

トマトに含まれる栄養素とは?

トマトには健康だけでなく美容にも効果がある様々な栄養素が含まれています。

あるアンケートによると、現役医師が健康維持の食べている食べ物の第一位にも「トマト」が選ばれたことがあります。

代表的な栄養素をまとめて見ていきましょう。

スポンサードリンク

リコピン

トマトの特徴である真っ赤な色を作り出している「リコピン」は、強い抗酸化作用があることで知られています。

活性酸素を除去してくれるので、脳梗塞や動脈硬化などの生活習慣病の予防にもつながり、アンチエイジングにも効果的です。

シミやシワを防ぐ働きがあり、いつまでも若々しい美肌を保つことに役立ちます。

また、身体に脂肪が蓄積してしまうのを防ぐことからダイエットにも有効な成分として重宝されているのです。

女性にとって特に嬉しい成分と言えます。

スポンサードリンク

カリウム

カリウムは体内の余分な塩分と水分を排出しバランスを取ってくれる栄養素です。

むくみの改善につながるだけでなく、血圧の上昇を抑える働きがあります。

むくみやすい女性にとって強い味方となってくれる成分です!

ただし腎臓の機能が低下している方などは、摂りすぎると心臓の負担になりますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

クエン酸

トマト特有の酸味は「クエン酸」によって作り出されています。

疲れた時にクエン酸を摂ると、疲労回復効果を期待することができます。

夏バテ予防にも効果的です。

各種ビタミン・ミネラル

美肌効果のあるビタミンCを始め、ビタミンB1やビタミンB2など、各種のビタミンが多いこともトマトの特徴です。

また、身体の組織を作る元となるミネラルもバランスよく含まれています。

おすすめ!トマトの効果的な食べ方3選

甘味と適度な酸味もありフルーツより低カロリーなトマトは、生で食べることもできます。

ただ、トマトの食べ方を工夫すると、より高い効果を期待することが可能です。

主に3つのやり方があります。

①オリーブオイルと一緒に食べる

オリーブオイルは、トマトの栄養成分であるリコピンを体内に吸収しやすくしてくれる働きがあることで知られています。

一緒に食べるようにすると、トマトの栄養素を効率よく吸収することが可能です。

②加熱する

トマトは加熱することで、リコピンが2~3倍吸収されやすくなります。

オリーブオイルで炒めて、料理に活用するとさらに効果的です。

パスタなどもオススメと言えます!

③ミキサーを活用する

ミキサーにかけ、トマトを細かく砕く方法でも、体内への吸収率をあげることができます。

生のトマトと比べて約3.8倍もリコピンをスムーズに吸収できるようになると言われているのです。

ちみみに完熟トマトの方が栄養が豊富なので、もし熟し方が足りない時は、あえて1~2日程日を置いて追熟させると良いでしょう。

トマトジュースで摂る方法もオススメ

たっぷり詰まったトマトの栄養を、手軽に摂るなら「トマトジュース」がオススメです。

トマトは、真っ赤に熟れた完熟期のものが最も栄養が豊富である言われています。

市販のトマトジュースは、ビニールハウスで作られた生食用ではなく屋外で太陽の光をたくさん浴びて育てられた加工用のトマトを使用しており、完熟したトマトならではの潤沢な栄養を摂ることが可能です。

ジュースなので、すぐに飲むことが出来る点も効率的と言えます。

リコピンも豊富に含まれているので、ダイエットに活用する方法も有効です。

1日1本(200ml)のトマトジュースを飲めば、トマト2~3個分のリコピンを摂取することができます

爆発的に痩せることはありませんが、続けていけばゆるやかに体重が減少していく効果を期待することが出来るでしょう。

確実に栄養を摂ることも可能です。

体重の変動が緩やかなので、リバンドの可能性も低いという特徴もあります。

このダイエットの良い点として、トマトジュースが好きであれば、ストレスを感じることなく手軽に続けられることもあげられます。

無理に食事制限をするのは辛いですが、1日1本トマトジュースを飲むようにするだけなら、それほど苦にはならないでしょう。

トマトジュースにもたくさんの種類が売られていますが、無糖・無塩であり完熟トマトを使用して作られているものを選ぶ点がポイントです。

ただしビタミンは生で食べたほうが摂取しやすい栄養素と言えます。

ビタミンを摂りたい時は生で食べ、リコピンなどを摂取したい時はジュースを活用するなどバランス良く使い分けて取り入れると良いでしょう。

まとめ

生活習慣病の予防、アンチエイジング、ダイエットなど、嬉しい効果が盛りだくさんのトマトは、最強の健康美容食材と言えますね。

トマトの栄養素を余すところなく摂れるように、工夫して食事に加え、積極的に活用してみましょう。

自分のやりやすい方法を選ぶと継続的な習慣になりやすいです。

毎日続けどんどん摂ることで、健康と美容の双方に嬉しい変化を期待することができます。 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします