エンジェルセラピーの興味深いエピソードとは?

エンジェルセラピーとはドリーン・バーチューさんが編み出した天使と繋がる方法のことです。

スピリチュアルに興味ある方なら本やセミナーなど目にする機会はあると思いますが

実際にエンジェルセラピーを通して実際に何を得られるのか?

それが気になるところでしょう。

体験談でよくある話は

○大事故だったのにかすり傷で助かった

○病気を治してくれた

○出産時に助けてくれた

と、生死の堺を彷徨わないと天使は現れないのでは??と思われる方もいるでしょうがそんなことはありません。

日常的なことでも願ったなら天使は助けてくれます。そこでいくつかエピソードを簡単にまとめてみました。

エピソード1

野球の試合にてここぞというスポーツでの大事な場面に自分の出番が回ってきた。

でも自分は本番に弱いタイプ「天使さま、お助けください」と言うと

飛んでくるボールがゆっくりに見えて見事、ホームランを打つことができました。

スポーツ界でもよく言われるゾーンという現象を天使が作り出したのでしょう。

その後も大事な場面では天使さまにお願いしているようです。

スポンサードリンク

エピソード2

雪の中、山中で車が止まってしまい助けを呼ぶにも電波が届かず困っていた時

「助けて。神様」と心の中でつぶやくとどこからともなくフラッと現れた男性が車を押して

人気のあるところまで押してくれました。お礼を言おうと車を出ると、そこには誰もいませんでした。

フラッと現れ、颯爽と姿を消す。まさに正義のヒーローみたいですね。

この2つのエピソードから分かるように困ったことに直面した時

エンジェルは「助けて」とお願いすれば、手を差し伸べてくれます。

スポンサードリンク

エピソード3

働いている職場で大きなトラブルが起こり、その職場に残るべきか辞めるべきか悩んでも

なかなか答えが見つからなかった時。「どうするべきか導きをください」と天にお願いすることにしました

そんなとき、毎朝、職場の近くにバラを見つける日々が続いたり、バラがないのにも関わらずバラの香りを感じるようになりました。

残ろうと決意した次の日から、そのバラは見かけなくなりました。

その方は今もそのままそこで働き続けています。新しい役職にも付き、収入は上がり続けています。

そう、決断は正しかったのです。どうするべきか迷った時、はっきりとは答えは教えてはくれませんがこのようにサインを送ってくれることもあります

スポンサードリンク

エピソード4

大切な人が亡くなって未来に失望した時、自殺しようとしたところを

通りすがり人に話しかけられた。話している内に落ち着いてきたのでお礼を言うと

「大丈夫。すべて上手く行くから。○○○」と自分の名前を言われた。

名前も名乗っていなかったのにびっくりして彼女を見たらもう誰もいなかった。

失望してるときこそ、天使は手を差し伸べたいと思ってくれています。

この方は天使と出会ったおかげで生きる気力を取り戻し、今は幸せに過ごしているそうです

エピソード5

運転中、車の外に天使が見えてびっくりしてスピードを少し落とした時

少し先で警察がスピード違反の取り締まりしていました。

坂道なのでスピードがいつもより出るのは仕方のないことだったのですが

お陰で罰金を払わされずに済みました。

エピソード6

時間に遅刻しそうになりイライラしながら車の運転をしていたときのこと、

信号が青になると同時に発信しようとタイミングを図っていたら、

突然、信号機が眩しくなり、青かどうかが見えなくなりました

そのときトラックが赤信号で前をすごいスピードで突っ切って行きました。

すぐに発信していたらと思うとヒヤッと思うエピソードですね。

いつも天使を身近に感じられるようになるとこういう小さなアドバイスもしてくれるようになるようです。

私の実体験について

 

これまでのまるでドラマのシーンのようなエンジェルセラピーの体験談を聞いて

「いいな〜私にもキセキが起きないかな」と憧れを抱く方

「ふ〜ん、ただの偶然ね。運が良かっただけだわ」など自分とは次元の違うの話と捉える方

感じ方も様々だと思います。正直、私自身も最初は後者でした。

日本のパワースポットに行くのが好きな私にとって神仏は身近に感じられてもどうしても天使という言葉がしっくり来ない。

そんな曖昧な信心だった私の実体験をお話したいと思います。

私がある小さな喫茶店でアルバイトしていたときのことそこで使ってるレジスターは頻繁に調子がおかしくなる機械でした。

店内はバタバタと忙しく食事が運ばれて来るまでに時間がかかってしまいお客さまはイライラされていました。

そんな急がないとなんといけないときレジスターの調子がおかしくなってしまいました。

そんなとき大天使ミカエルという盾と剣であらゆるものから守ってくれたり、

不安や恐れなどの感情の浄化をしてくれたり、ときには機械の故障ですら直してくれる天使を思い出しました。

「大天使ミカエル、お願い。レジを直して」

と、心で呟くと、不思議なことにすぐ直りました。

それから何度か試してみましたが呼ばずにいたときはなかなか治らず

大天使ミカエルを呼べばすぐに直してくれるようになりました

他にも、店員同士の嫌な会話に入らされそうなとき

「お願い助けて」と心の中で叫ぶと、おしゃべり好きな常連さんが来店されて話が途切れたり

疲れてるときには「大天使ミカエル、エレベーターをすぐに降ろして」と言うと、

すぐに降りてきたり至れり尽くせりの大天使ミカエル

お願いしたのに叶わない時でも面白い現象がありました

レジがおかしいときに呼んでも治らないときは「こんなに忙しいんだもの。少し休憩だと思って、機械の機嫌待ちましょ」

と、優しいこといってくれるお客さまだったりエレベーターがなかなかこないときに、

素敵な方が現れて疲れた心が癒されたり叶うよりも素敵な出来事にしてくれたときもあります。

そんなある日のこと・・・

私の働く喫茶店では喫煙席、禁煙席が設けられていましたのでお客様が来店されたときには

「喫煙ですか?禁煙ですか?」と尋ねて案内することが決められていました。

いつも通り来店されたお客様に尋ねると

「禁煙がいいけど、ここの席がいいから周りに喫煙者が来ても断ってよ」

とお客さまは喫煙席を指さして言われました

「それは出来ませんので、よかったらゆっくり座れる奥のお席はいかがですか?」

と説得させてもらって、禁煙席に座ってもらったが「喫煙者来なかったら、あんたの責任だからね」と言われてしまいました。

その時間は朝方なので、

お客は来ない時間帯ただでさえ禁煙者が増えて行くこの世の中

来なかったらなんと言われるか・・・

「大天使ミカエルよ。お願い、助けて」と心の中で叫ぶと5分後には・・・

5席あった喫煙席が全部埋まるほどの喫煙様が続々とご来店!!

禁煙席に座った一組のお客さんはそれを見て慌てて帰られました。

まとめ

いかがでしたか??

百聞は一見にしかず

エンジェルセラピーは宗教は関係なく行えます少しでも興味を持ったならすぐに誘導CDやセミナーに参加する前に

「渋滞に巻き込まれずにスムーズに目的地まで行けますように」

「駐車場が空いていますように」

「通勤中、雨が振りませんように」

などの日常的な事をおまじない気分で願ってみてください。

きっとびっくりするような奇跡があなたを待っていますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします