サウナの効果で疲労回復、冷え性の解消しよう!

今年も寒い季節がやってきました。

心も身体も暖かく過ごしたい冬にこそ是非オススメしたいのがサウナです。

サウナの発祥は北欧のフィンランド。フィンランドでは、国民の2人に1人が自分のサウナを所有しているとも言われています。サウナはフィンランド人の健康維持にとってなくてはならない大切な存在で、1年を通して頻繁にサウナに入るのが習慣となっています。

サンタクロースのふるさとでもあるとっても寒い国から世界に広がったサウナは現在、日本各地でも気軽に楽しめるようになりました。

サウナの驚くべき効果を3つご紹介します。

発汗作用によって身体のすみずみまでキレイに!

about-sauna-effect_3

サウナの平均温度は大体80〜100度、ミストサウナやスチームサウナは40〜50度です。ドアを開け室内に入ると、心地よい蒸気に包まれます。日常ではなかなか感じることのできない不思議な環境に最初は戸惑う方もいるかもしれませんが、ゆっくりと鼻から深呼吸をして身と心を休めましょう。

すぐに大量の汗が自然と身体中から流れてくるのを感じることができます。汗をかくと体内から出た水分と共に老廃物の排出が行われます。また、身体に溜まった疲労物質や有害物質も同時に排出されるため、サウナにはデトックスにも大きな効果があるのです。

汗腺から出た汗は皮脂も同時に流してくれるため、皮膚も清潔になり、肌もイキイキと本来の美しさを取り戻します。汗をたくさんかくので、サウナの前後にはしっかりと水分補給を行うようにしましょう。体内の古い水分を流し、新しい水を取り込むことで体内の水分を交換され、内側も外側もキレイになります。

スポンサードリンク

疲労回復に効果大!肩こりや冷え性の解消にも!

about-sauna-effect_4

乳酸は疲労や肩こり、首のこりの原因の一つとも言われていますが、サウナに入って汗を流すことで、身体に溜まった乳酸も同時に排出することができます。また、サウナによって体温が上がり、血管が膨張して血液の流れが良くなるため、代謝が活発になり、疲労回復や肩こりの解消にも大きな効果があります。

サウナにじっくり入ると身体の芯からじわじわと温かくなっていくのがわかりますが、身体の温度を上げ、汗をかくことで血行が良くなり、血液の循環が促進されていくため、結果として冷え性の改善も期待できます。サウナには自律神経を整え、筋肉の緊張もほぐす効果もあるため、全身の疲れもとれ、スッキリと眠れるようになります。

スポンサードリンク

ダイエットにももってこい!

about-sauna-effect_2

サウナの消費カロリーは、一時間で150キロカロリー程度だと言われていますが、注目したいのは即効性よりも、サウナによってじっくりと基本的に痩せやすい身体を作っているという点です。

昨今の研究の結果、平熱が高い人ほど痩せ形であることが明らかになっているように、体温が高まり、基礎代謝量が増えることで消費カロリーが多くなり、そのことによって痩せやすい体質ができていきます。サウナには体温を上げる働きと同時に、代謝を高める働きがあるので、ダイエットにもってこいのリラクゼーションとも言えます。またサウナに入ると「ヒート・ショック・プロテイン」というタンパク質が身体の中に増加すると言われています。

ヒート・ショック・プロテインの増加は、褐色脂肪細胞という細胞が活性化につながりますが、この褐色脂肪細胞が活性化することで脂肪が燃焼されやすい身体になり、ダイエットに大きな効果があるとされています。さらにサウナのリフレッシュ効果はストレスの軽減にも効果的。ダイエットの大敵のストレスを追い払うことで、心の浮き沈みからくる食べ過ぎの防止にもなります。

発汗作用、デトックス、美肌効果、疲労回復、肩こりや首のこりの解消、血液促進、冷え性の改善、安眠効果、体温の上昇、新陳代謝の向上、ストレス軽減、リラクゼーション、ダイエットのしやすい身体作りの手助けと多くの効果が期待できるサウナ。

サウナに入る時は水分補給を忘れずに、こまめに休憩を取りながら、体調に合わせてゆっくりと8〜12分ほどのサウナを数回にかけて楽しみましょう。また、サウナ前のアルコールの摂取は必ず避け、できるだけ食事の前に入るようにすると効果的だと言われています。寒い冬の季節、風邪を引かずに乗り越えるためにもぜひ、サウナで健康促進に励みましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします