退行催眠は危険?注意しなければならない4つのこと

退行催眠を知っていますか?

退行催眠とは、自分の生まれる前、つまり前世を知ることで現代に生きる自分自身のトラウマを取り除き、生きやすくする方法です。前世療法とも呼ばれています。

退行催眠をすることで今までわからなかった自分自身に出会える可能性がありますが、退行催眠はやりかたを間違えると取り返しのつかないことになります。

それでは、どんなことに注意したらいいのでしょうか。退行催眠時に注意しなければならない4つのことを紹介します。

悪質セラピストに注意

インターネットで検索すると、退行催眠を行っているセラピストがたくさん出てきます。

しかし、セラピストを選ぶうえで注意すべきなのは、しっかりと退行催眠について学んでいるかどうかということ。

中には全く知識がないにもかかわらず、私利私欲のために退行睡眠を行っているセラピストもいます。

酷いときには、セラピストが訪れたクライアントが催眠状態であることを利用して、そのシチュエーションを悪用したりすることもあるようです。

一歩間違えると犯罪に巻き込まれてしまうことになります。そのため、信用できるセラピストかどうかの見極めはとても大切です。

セラピストを選ぶときには、事前にしっかりとカウンセリングを行っているかどうかを確認しましょう。

また、わからないことは納得がいくまで質問し、質問には誠実に答えてくれるかどうかを確認しましょう。

セラピストの知識や人格に不安を感じた場合、そのセラピストは避けるほうが賢明です。

スポンサードリンク

ねつ造された記憶に注意

実は人の記憶はとてももろく、簡単にねつ造が起きます。

退行催眠で過去にさかのぼっていく中で、本物ではない記憶が現れることがあります。

しかし、クライアントもセラピストも、その記憶が本当の記憶か偽物の記憶であるかどうかを判断することは難しいです。

海外では、虐待された記憶を思い出したために両親相手に裁判を起こしたら、記憶そのものがが偽物だったという事例もあります。

浮かび上がってくる記憶がすべて本物であるかどうかは熟考し、偽物でないかどうかを慎重に見極める必要があります。

退行睡眠で思い出す記憶すべてが本当の記憶でないということは常に心に留めたうえでセラピーを受けるようにしましょう。

また、万が一思い出した記憶が不快な記憶でも、すぐに行動に移すのではなく、まずは何をすべきか見極めましょう。

スポンサードリンク

フラッシュバックに注意

退行催眠をすることにより、今まで忘れていたつらい過去を思い出すことがあります。

その記憶があまりにも怖いもので会ったり、悲しいものであった場合、その時に感じていた感情が突然襲ってくることがあります。

過去の感情が記憶とともに急に湧き上がってくるフラッシュバックは、退行催眠をしているときだけでなく、日常生活を送っているときに起こることもあります。

そうなってしまっては、生活に支障をきたします。フラッシュバックを防ぐためにも、退行催眠を行う際にはベテランのセラピストの力が必要になります。

ベテランのセラピストは退行催眠時に強く感情を揺さぶられるような記憶を思い出したとき、うまくその感情を吐き出すよう誘導し、セラピールームの外へ持ち出さないように配慮してくれます。

未熟なセラピストである場合、うまく感情を吐き出せないことがあります。そのためにも、退行催眠時は経験豊富なセラピストを選ぶことが大切になるのです。

スポンサードリンク

ハマりすぎに注意

退行催眠を行うことにより、気持ちがすっきりするでしょう。

しかし、退行催眠に頼りすぎるのは危険です。

月に何度も、何か所もはしごして退行催眠を行うようになっては、退行催眠依存症と言えるでしょう。退行催眠のハマりすぎに注意しましょう。

退行催眠の目的は「今まで以上に生きやすくなること」です。

前世のトラウマを克服することにより、より充実した日々を送れるようになるためにセラピーを受けるのです。

しかし、退行催眠後の爽快感にハマってしまうあまりに、退行催眠に依存してしまっては本末転倒です。

退行催眠なしでは生活ができないようになってしまっては、セラピーの意味がありません。

あくまでも退行催眠は今を生きやすくするためのセラピーであると理解し、退行催眠の目的を退行催眠後の爽快感ではなく、現代を生き抜くためのトラウマの克服であると設定する必要があります。

まとめ

退行催眠は前世での経験を思い出し、トラウマを克服することによって生きやすい環境を作るための方法です。

うまく活用すると気持ちが軽くなり、今まで以上に人生を楽しめるようになりますが、やり方を間違えると人生を台無しにすることになります。

退行催眠を行う際は必ず事前に調査をして、信頼できるセラピストを探し出す必要があります。

また、自分の前世や退行催眠後の爽快感に没頭するのは危険です。あくまでも現代を生き抜くためのセラピーだと捉えて依存しないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします