マヌカハニー味に秘密が?【抗菌成分で健康効果が得られちゃう!!】

ハチミツは甘味料としてだけでなく、その栄養価の高さやさまざまな効用があることで、よく知られています。

 

ただ甘いシロップ、というだけでなく、ビタミンやミネラルを多く含んでいるため、それ自体がとても優れた健康食品です。

 

そのため、例えば疲れて体力が弱まったり風邪をひいたとき、レモン果汁などと一緒にお湯に溶かして飲む等、民間的な滋養方法などが伝わっていますね。

 

ところで、そのハチミツの中でも、さらに健康や美容に良い特殊なハチミツがあるのを、ご存知ですか?

 

湿疹にも効くマヌカハニー

manukahoney_3

私は子供の頃からアトピー体質で、そのため健康的な食品や逆に身体に悪い食品などに、非常に関心を持つようになっていました。

 

ハチミツは身体にいいと同時に、現代では原料となる蜜を採取する花に農薬が多量に付着していたり、あるいはハチミツ採取用のミツバチが病気にならないよう抗生物質が使われていたりなど、安全面で不安の多いものが出廻っていると聞きます。

 

そのため、その産地や製法に過敏になり、なかなか品質の良いハチミツが見つけられないとき、マヌカハニーという、なんだかとても健康にいいというハチミツのことを知りました。

 

試しに購入してみると、たしかに見た目もぜんぜん普通のハチミツと違います

 

舐めてみると、非常に濃厚で濃い花のような甘い香りがすぐに広がります

 

また私は当時、湿疹に悩み過敏な肌質のために、精製水にハチミツを溶いて保湿剤代わりにしていたのですが、このマヌカハニーを使ってみると、明らかにはっきり痒みと赤みが引いたのには、とても驚きました。他にも虫刺されのあとにすぐに塗ると、いつもはしばらく痒いのに、そのまま痒みも赤みもほとんど出なくなりました。

 

こんなに明らかに違いがあるなんて!

 

本当に驚きましたが、あとでもっと調べてみて、納得がいきました。

 

スポンサードリンク

マヌカハニーとはどんなはちみつなのか

マヌカハニーとはニュージーランドでとれる蜂蜜で、ギョリュウバイという木の花の蜜を蜂が集めたものになります。その樹の花から作られたハチミツがマヌカハニーですが、ニュージーランドといえば、国を挙げてその自然環境保護に取り組んでいます。

ギョリュウバイとは?

ギョリュウバイは、フトモモ科・レプトスペルマム属に分類される常緑性のニュージーランドを原産とする常緑性の低木です。オーストラリア南東部とニュージーランドが原産で、ニュージーランドの国花に指定されています。原産地では、葉っぱに薬効があることから、薬用茶として古くから利用されてきました。また、マヌカハニーの蜜源となる花を咲かせます。

樹高は、0.3~5mほどで、トゲのある枝をたくさん生やしていきます。そこには、先端の尖った細く小さな葉っぱが互い違いに生え、秋の終わり頃から梅に似た直径1~2cmほどの花を咲かせます。白やピンクに染まる花は、一重と八重の2種があります。この花の姿が梅に、葉っぱの形が御柳(ギョリュウ)に似ていることから、「御柳梅」と名付けられました。

引用 URL https://horti.jp/18467

そして、そこで採取されるものに対して、厳しい農薬制限などがなされています。

 

そんな天然林で生育しているマヌカから作られるハチミツは、抗生物質も使われず、きわめて安全性が高いといえます。そしてニュージーランド国内でずっと昔から使われているだけでなく、その愛用者は広く世界中に及びます。

 

ですが、このマヌカハニーが根強く好まれているのは、それだけの理由ではありません。

 

スポンサードリンク

マヌカハニーの特質的抗菌性とその効能

マヌカハニーのいちばんの特徴は、その抗菌性にあります。通常のハチミツにも少しの殺菌性はありますが、安定しておらず、また薬効というほどではありません。

 

ところが、このマヌカハニーには、“メチルグリオキサール”という物質が含まれており、それにより高い抗菌性が確認されています。

 

またその抗菌力は、はっきりと数値として段階的に表示されています。UMFという記述と共に、5+から10+、15+、18+、20+などがあり、数値が高いほど抗菌性が高くなります。そして採取される量も少なくなるため、希少価値が高くなります。特に+10より上はアクティブ・マヌカハニーと呼ばれ、その薬効の確かさから医療現場でも使用されています。

 

通常のハチミツのように喉が痛いときに舐めれば驚くほどの即効性があり、また風邪の菌にはもちろんのこと、なんと胃に住むピロリ菌にも効力があるとされています。あるいは内服だけでなく、外用として、例えば傷が出来たときに塗れば、殺菌と同時に傷を早く治すといわれ、ニュージーランドの人々にとっては古くから伝わる療法です。

 

またニキビや吹き出物の場合もアクネ菌を殺菌してくれますし、口内炎などにも効力があります。マヌカハニーを使ったのど飴や、さらには喉スプレー、歯磨き粉などの製品も作られています。いずれもマヌカハニーの殺菌性を主な効力としています。

 

そして、もうひとつ、アトピーや虫刺されなどで痒みを起こす大元である、ヒスタミンの生成を抑えるのだそうです。これは私にとって特に嬉しい意外な効能でした。

 

スポンサードリンク

その他の効能と食べ方

DSC_0623

DSC_0623

またマヌカハニーには高い栄養価と、それに伴う美容効果もあります。ビタミンB郡などやマグネシウム、亜鉛、カリウム、鉄分、ナイアシン、カルシウムなどのミネラル、そしてポリフェノールも含まれており、抗酸化力もあります。

 

マヌカハニーは通常のハチミツに比べ、ずっと固めのテクスチャで、透明ではなく黄金のクリームのようです。紅茶やコーヒーなどに溶かすほか、トーストやパンケーキ、また無糖ヨーグルトとも相性がよく、さらに酸味のある果物ともおいしく頂けます。

 

ニュージーランド名産のキウイとの相性は特にいいようです。あるいは、そのままスプーンで毎日1さじずつ舐めるという人もいます。マヌカハニーの喉スプレーなどは、プロのアナウンサーや声優の方も愛用しているそうです。

 

常備薬として、またおいしい健康食品・美容にいいおやつとして

まるで薬のようなハチミツですが、美味しさも格別です。

 

万能薬として常備しておき、外用としての緊急時、風邪のひき始め、喉の痛み、口内炎、胃の痛みやむかつき解消の他、今流行のスムージーやシリアル系スーパーフード、ベリー類、固形のココナッツオイルとの相性もいいので、健康と美容にいい食事やおやつにもぴったりです。

 

一瓶置いておくと、何かと便利ですし、おいしく健康になれるのは、何より嬉しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします