ファスティングを体験…!内臓休養やデトックス、食習慣のリセットが効果を生みます。

今回は、少し前にタレントさんたちのお供で断食道場に行った時の話をしたいと思います。

一週間のプログラムでした。3日絶ち、3日で戻します

 

あとから知ったことですが、3日を超える断食は、医療者なしでは行ってはならないのです。

そちらは道場でしたので、医療者も管理者もトレーナーもいて、体制は完璧でした。

個人的感情で始めて、たいちょう不良やら拒食やら大食やら、やっかいなことを招いてしまう方が多々います。そうしたことを減らしたい、そうした気持ちで書かせて頂きます。

 

ダイエットとファスティングの違いって?

about_fastening_5

近そうで近くないこの二つ 

ダイエットは規制食のことです。

コレステロール値が高いから、今以上上げるようなものを食べない

とか、

今のんでる薬と合わないから、納豆は食べない

とか。

ダイエットは  “食べるのをやめることではなく” 、制限することです。

体重を落とすことや、くびれることは運動でします。

サプリメントを使いたい方もいらっしゃることでしょうが、通常の生活をしていて必要量が摂れないことはまずないそうです。

 

スポンサードリンク

〈楽してやせたい考えの方が思いつくのが断食〉

about_fastening_4

今はおしゃれにファスティングと呼ばれているようですが、要するにファスティングは断食です。

もともと断食は仏教では、『即身仏修行』でするものでした。

身を清め、五穀絶ち、十穀絶ち、無食(むじき)となってから地面の下へ。

手に持った鈴の音が地下からしなくなるまで…待つのです…

そんな苛酷も仏になるためだから出来ます。

現代社会で人々は、どんな“仏”を目指しているのでしょうか?

その日、私とタレントさんたちは、スリムを目指してファスティングを始めました…

 

スポンサードリンク

そもそもファスティングの効果とは?

about_fastening_2

ファスティングの効果には、大きく分けて3つの効果があります。

 

内臓休養

内臓は年中無休。

休暇を与えても、止まるわけではありませんが、内容物がほとんど通過しない、これはかなり希有なことです。

過食がちな方だけでなく、健康的な食事をなさっている方でも、胃腸をいたわることにつながります。

 

デトックス

日常の生活の中で知らないうちに体内に蓄積されてゆく有害物質や、腸壁にこびりついたままになっている老廃物~宿便~を排出できます。

 

食習慣のリセット

食べないので体重は少し減りますが、本当の意味で減ったわけではありません。

食べ始めれば元の体重です。

ただ、いきなり元の食生活に戻るわけではなく、断食から食を戻す際には重湯、三分粥、五分粥、断った日数と同じだけかけて普通食に戻します。ファスティングの基本ですので、このときによく噛んで、脳細胞が満腹信号を出しやすくなるよう協力してあげましょう。

以前より早く満腹感がくれば、自然に少食になりますし、腹八分目の練習にもなります。

健康的な生活への切り替えのチャンス、それがファスティングの最大の効果です。

 

スポンサードリンク

 実際のファスティングの様子

about_fastening_3

実施している団体や、主催のお考えごとに差異がありますので、この方式が絶対に正しいとかは思いこまないでください。

某温泉地に到着。

穏やかな環境と整った医療スタッフ。

その昼から食事はなしになりました。

やめるときはストンとやめます。

徐々にではありません。

夕食ももちろんなし。

代わりにいろんな種類の薬効茶~16種類で十△茶♪ に入ってる系の素材が単独、みたいにいろいろ出ました。ハトムギとかはいいけど、めちゃめちゃ苦いのとかもありました~と水各2リットルいただきました。

水は自由に飲んでよし。

野菜ジュースOKのところもあるようですが、私たちが行ったところは薬効茶だけでした。

運動、散歩は自由。

卓球とかやりました。

ヨガや、吸い球や針灸は受け放題。

食事の時間がないと、一日はとても長いです。

山の中にいるのに、海岸へ出てしまうような、長ーい散歩もしました。

何も食べず、水2リットルと薬効茶だけだというのに遠足もあり、伊△シャボテン公園だの△ヶ島海岸だの連れ出されました。

朝は太極拳もありました。

まさにスローライフ。

スローフードのないスローライフでした…(笑)

終了

三日の断ちが終わり、重湯から始まる復帰食

運動、散歩、ヨガ、吸い球、針灸は相変わらず受け放題。

太極拳。

体を動かしなれた体、よく咀嚼する口。

七日目の朝、私は2キロ体重が落ちていました。

 

まとめ

ファスティングの効果はあります。

が、ファスティング反応というのもあります。

初日から2日目にかけて、人によっては倦怠感や不快が出ます。

そして繰り返しになりますが、三日以上のファスティングは、決して個人でやってはいけません。

必ず医療者の介助を受けましょう。

そして…

ファスティングは万能ではありません。

断食や節制で身につけたことを日常で生かして初めて意味があります。

そのことを忘れては意味がありません。

皆さんもファスティング道場などに参加して見てはいかがでしょうか

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします